ブラウザレンダリング比較

MacOSX 10.3.9

iMac G5(M9249J/A)を購入。ねんがんのMacをてにいれたぞ!MacIEが動く♪MacIEが動く♪表示確認ができるっ♪というわけでMacIEを含めたいくつかのブラウザのレンダリング状況を比較検証。使用したブラウザは以下のとおり。

SKA on MacIE5SKA on WinIE5.5SKA on WinIE6WinFireFox2

SKAのトップページ。MacIE5は右上のロゴ上部に数ピクセルずれが見られるものの、おおむね良好なレンダリング。WinIE5.5はCSSで要素の横方向のmarginをautoに指定しても要素がセンタリングされない不具合があるため、本体が左寄せに。IE6でも同様の不具合はあるものの、HTML文書の先頭に適切なDOCTYPE宣言を記述し、標準モードで動作させることで不具合を回避できる。

MSN on MacIE5MSN on WinIE5.5MSN on WinIE6MSN on WinFireFox2

MSN Japan公式(2008/8/22現在)。MacIE5のひどさが際だつ。MacIEのレンダリングがどうしようもないのか、MacIEを切り捨てたMSNが非情なのか。両方か。

要素にoverflowプロパティを指定すると要素自体が消滅するなど深刻な不具合には枚挙にいとまのないMacIEですが、生みの親のMSにすら対応を放棄されてるのを見てちょっとかわいそうになってきた。

関連(してるかもしれない)記事たち

RSSノススメ
先週あたりからこっそりRSS配信してます。IE7だとページ表示時にフイッ♪とか音がしてRSSアイコンがオレンジに変わるの...
多ブラウザ対応
IE5.5, IE6, IE7, IE8の確認が同時にできる -IETester ちまたにはスタンドアロン版IEというの...
wptouch-mobile
アップデートに負けないWPtouchカスタマイズ
カスタマイズした内容がアップデート適用で消える WPtouch Moblie Plugin(以下WPtouch) は自分...

「ブラウザレンダリング比較」への4件のフィードバック

  1. 作り手としては問題だらけのIEのことを考慮しないですむのならその方が楽なので、特にMacIEのユーザさんには他ブラウザへの移行を期待してみる感じなのです。

    まあ実際はさまざまな理由でアップデートやインストールを自由に行えない環境もあるでしょうから、作り手は可能な限り多くの環境で見られるように配慮すべきであると昨今のなつきは考えています。

    さてその後Win版も発表されたSafariですが、レンダリング自体には不満はないものの段落中の文字の両端揃えの処理がぎこちない気がします。具体的には文字単位でなく文章単位でスペースを調整しているらしく、「。」と「、」のあとにやたらと間隔が空くのが気になる。

    ちなみにWinIEはCSS2標準のtext-alignプロパティだけでは日本語の文章を両端揃えにはできず、独自拡張のtext-justifyプロパティを指定することでようやく文字単位の両端揃えを実現できるようです。

    Firefoxはtext-alignだけで両端揃えをそれなりにこなしてくれます。

    Operaもおおむね良好ですが、スペースを単語の切れ目として重要視しすぎるのかスペースのある部分だけ妙に間隔が空くのがいまいち。

  2. その時なつきさん
    Macユーザーならサファリ使って下さいよサファリ

    と書いてましたよねw
    逆にWindowsのサファリも表示が妙ですね。

  3. たしか2年くらい前にMacIEユーザから不具合報告受けてから常々、Mac環境での確認は必須だと感じていたもので。

    しかしたしかにWebページの作り手としても、もはやMacIEは意識しなくてもいいブラウザなのかもしれません。シェア的に。

  4. MacIEはもう古すぎるので、気にしなくてもいいかと。MSでも何年か前にサポート切られてますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。