新PC(エアフロー編)

くだんの新自作機ですがとりあえず完成しました。基本スペックは前エントリひとりでできるもん!参照。今回は静音化とエアフローについて試行錯誤の結果をメモ代わりに書き残し。

写真1写真4

ケースはKLX-800。電源スペースが前面下部に来てる一風変わった作り。電源が前ってことで、エアフローも通常一般的なケースとは逆の、背面吸気、前面排気。レアケースですね(……。)

購入時からケース前面についてる排気用12cmファン(青色LED仕様)は、風量90CFMくらいありそうな強力な代物。しかしLEDはともかくこの大風量では風切り音がうるさいよ!前面設置で通常より遠くなった熱源(=M/B、CPU、GPU)から熱を逃がすためのほんきパワーのだっしゅ!なのでしょうが弊社は我慢ならぬ。さっくりと写真のSY1225SL12Lに差し替えました。

写真2写真3

風量をおさえた結果排熱に不安が残るので、ケース側面下部に鎌風の風を排気方向で追加。ファンレスGPU採用ゆえこのPC最大の熱源はサウスブリッジだったりするのですが、そこんとこの熱だまりをダイレクトに排出するのがねらい。風量可変なので通常は音が気にならない程度(〜1400rpm)で回して、夏場は風量upって芸当ができるのが強み。

さて気になる温度は、室温18度でアイドル状態でCPU33度、M/B41度(AI SUITE測定)。側面ファンの風量を上げればM/B温度は5度以上下げられることを確認。夏場は室温が10度くらい上がりますが、側面排気を併用すればピーク時でもM/Bも50度以内に抑えられるものと推測。

関連(してるかもしれない)記事たち

写真1
700万PV&PC故障
気がついたら700万PVを超えていたSKAです。先月下旬くらいに。600万が去年9月だったので、8ヶ月で+100万。今回...
写真1
せいおん!
グラボGF-GTS450-E1GHDのファンがうるせえ!のでなんとか静音化してみる日記。 最初は低電圧で回せばいいやと考...
写真1
グラボ買い替えた
長らくWindowsXPで頑張ってきた弊社のメインマシンですが(スペックはひとりでできるもん!参照)、先月ようやくWin...

「新PC(エアフロー編)」への2件のフィードバック

  1. とてもシブいケースですね〜!

    静穏でありながらその温度はすごいですね。
    ウチも静穏でも熱を出さない工夫してますが、もともと熱量の少ないCPUがセロリン440なのでイバれる仕様でもないですがw

  2. くまさん:
    最近のCPUは性能の割に熱が出にくいみたいで、隔世の感ありです。いや実際世代が違うですが。CPUのリテールファンもコンパクトで静かだし。いま一番問題視されてるのはきっとGPUかと。

コメントは停止中です。