冥土へ誘うもの

写真17/1発売のリボルテック 冥土へ誘うものアイリをついうっかりAmazonでぽちってしまった。せっかくだから俺はこのフィギュアを撮るぜ!


写真2写真3写真4

リボルテックシリーズといえばちっちゃなボディのくせに高い可動性とプロポーションを両立、かつラチェット関節でポーズの保持もばっちりという日本の技術は世界一ィィィを地でいくイカスアクションフィギュアなわけですが。……弊社の印象ではリボルテックのラインナップはロボとかヒーロー中心で美少女キャラは後発のfigmaが先んじてるのかな、という感じだったのですがやっぱアレかな、商業的理由ってやつかな。

アクションフィギュアなのでこういうレビューとかではいろいろポーズ変えて撮るべきなのですがめどいのでポーズ固定で。絵になるポーズ作るのって結構大変なのよ。ああちなみに可動箇所は18か所だそうです。ツインテールの根元も可動なので、もともとの造形もあいまって躍動感のある表現が可能。

写真5写真6写真7

いろいろ換装用パーツがついててお買い得。武器の鎌は攻撃効果あり/なしの2種類。手首は持ち手/開いた手の2種類。ダメージ状態を表現するためにイキ顔・破れた胸元・脚(破れたニーソ)パーツがついてます。顔パーツを換装する際は前髪をがばっと開きます。

写真8写真9

ぱんつ。このぱんつは脱げるらしいです。脱がせたらちゃんとスージーさんもあるそうです。ありえねえ。でもぱんつははいてこそ華だと思う弊社ははかせたままにしておきます。ちょっと高いところに飾っておいて、ふと見上げるとそこにはぱんつが。すばらしい。

関連(してるかもしれない)記事たち

写真01
Wonder Festival 08冬
今更ながらワンフェス08冬の写真(フィギュア編)。当日は強風のせいでダイヤが乱れに乱れて、会場にたどり着くにも一苦労でし...
写真1
タマ姉 スク水メイド
とあるお方のご好意により、向坂環 スク水メイドver.を再現させていただきました。元ネタのフィギュアがあるのだからその...
写真1
これが私の御苦労様(後編)
やは。おもに胸が残念な感じのまほろさんin「これが私の御主人様」メイド服の後編だお。サイズが大きいからしょうがないのだけ...

「冥土へ誘うもの」への4件のフィードバック

  1. きゃっ   ぱしっ

    結婚して下さい!!

    ・・・これはよろくw

    パンツが見られたからって何なんですか、ぼくは別に大したこと無いと思うなb    ・・・ばしっ

  2. 美少女フィギュアは、下から見てパンツを拝むのは基本行為w
     
    着ぐるみもまた同じ(ぉぃ

  3. 1:1スケールなら、それなりのポジションで見た方が大迫力ですよね、わかります(ぉ

  4. >>1
    ぱんつ見られるたびに結婚してたら今頃重婚でうきうきウォッチングですよ。まあ!
    >>2 零さん
    ひとはなぜこの隠された領域に魅力を感じるのか。隠されているからか。

コメントは停止中です。