東山荘 弐

浴衣水月さんの撮影会 in 名古屋市・東山荘、最終回。

写真1写真2写真3写真4

とにかく和の要素を盛り込め!ってことでいろいろやってみた今回の撮影会。見よう見まねでお茶を点ててみたり。ちなみに分量が間違っていたらしくすごく苦かったそうです。

写真5写真6写真7写真8

屋外の庭園にて。JACKETのCが抜けてるのはご愛敬ですね、まあジャケットと読めなくはないけど。ああ、ちなみに現地は――言わないとわかりませんが――蚊が半端ないです。撮影で静止してたら平気で3〜4匹止まってたりする。夏に行かれる方は虫除けスプレーなどでしっかり防御してから臨まれることをおすすめします。君が望む虫対策。

写真9写真10写真11写真12

最後は和傘と、夏の花ひまわりで締め。和傘を持ったのは初めてでしたがけっこう思いのほか重いよコレ。重いコンダラ。昔の人はこうして腕を鍛えていたのか。ひまわりの花はアレですね、明るくて元気な印象の花だから、水月よりも瑞希とかのが似合うかもでしたねー。ごめんなさい。こんな娘でごめんなさい。

というわけで撮影会はこれにて終了。このあとはスタジオHOSOnにて夜の撮影会(ぱんつ多め)があったんですがそれは先日ご紹介したとおりです。皆様お世話になりました&素敵な写真をありがとうございました。

さて次回からしばらくは…7月下旬の白馬・木崎での写真をご紹介の予定。ブルマだらけの大運動会で撮影係として奮闘した楓さんとか、7月生まれの方の誕生日を祝うまほろさんとかが登場。請うご期待!

関連(してるかもしれない)記事たち

写真1
東山荘 壱
さて、速瀬水月しっとり浴衣撮影の続きをば。清廉な気持ちで丈山苑をあとにした我々。次なる目的地は、名古屋市・東山荘です。 ...
写真1
丈山苑 弐
安城市は丈山苑でのしっとり撮影会、後編。ハァーしっとりしっとり。蝉時雨降りしきる中、時間はゆったりと流れていきます。この...
写真1
丈山苑 壱
8月上旬。HOSOnさんよりお誘いを受けまして、katoranさん・笹原さんと日本の夏を探求に行って参りました。場所は、...

「東山荘 弐」への2件のフィードバック

  1. DarkAngelさん:
    Thank you a lot. 久々に本格的な英文だったので思わず辞書引いちゃった。
    transcend the medium of kigurumi and create true artで「着ぐるみという媒体を超えて、真の芸術を作り出す」って感じですが、よくできた写真は着ぐるみと情景を違和感なく融合させている。着ぐるみ(がモチーフとしているキャラクター)は本来我々の住む世界には存在しないものなのですが、それがそこにいるのがあたりまえのように、ごく自然に情景の一部としてそこに存在している。
    それが着ぐるみの魅力のひとつであり、それをなしえるのが"わざ"(Arts)なんかなと思っています。

  2. I have to leave a comment about these latest series. They have such a peaceful, meditative quality that I think you are transcending the medium of kigurumi and creating true art. Very beautiful work and I enjoyed the allusion to the tea ceremony as well.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。