髪を固める(プチ結髪)

環さんのねこみみツーテールが前に来たり、からまったり、ラジバンダリ。うっとうしー!のでスチのりで固めてみるテスト。ちなみに、固めたのは根元から長さ半分くらい。全部固めると持ち運び・収納が大変そうな気がする。ぬこパンさんの後頭部の結髪作業が参考になりました。

写真1写真2

準備するものはスチのり(100cc)・アセトン(500cc)・はけ・入れ物・ウィッグオイルスプレー・ブラシ。前4つはハンズで、うしろ2つはコスパで購入したもの。ところで最初アセトン缶のふたの開け方が分からなくて困った。こんなとき頼りになるのがぐぐるさん。

  1. ふたにかぶさってる金属の留め具、端にマイナスドライバーをあてて、てこの原理でくいっと持ち上げる。
  2. 留め具を取り除いたあと、ふたの真ん中を親指で押す。
写真3写真4写真5

無事ふたの開け方もわかったところで作業にとりかかろう。

  1. まずはマスキング。半透明のゴミ袋(45L)を面にかぶせる。底の角を切り取って穴を開け、そこからツーテールだけ露出させる。
  2. 入れ物にアセトンとスチのりを8:1くらいの割合で入れて、はけでまぜる。合計で50ccぶんも作れば、今回の作業には足りる。このとき、入れ物に目盛りがついてるのが地味に便利。
    アセトンはスチのり自身にも含まれてるので、たぶん溶剤の役目を果たしてるのかと。こぼしてもすぐふけるように、ぞうきんを準備しておくとよいよ!
  3. ウィッグスプレーを使いつつ、髪をとかす。固める部分は上半分だけど、髪をとかすのは毛先からはじめて、徐々に根元へ。
  4. 固める部分にアセトン・スチのり混合液をうすーく塗る。厚塗りすると元々の髪のつやがなくなっちゃうのよね。
  5. 3.4.の繰り返し。
写真6写真7

完成。固めるとボリュームがなくなるのはしょうがないのかなー。手順としては以上なのだけど、思うところあって、後頭部全体と、髪が肩に当たる部分もうすく固めてみた。髪がからまらないようにするのが目的だし、そもそも髪が流動的である必要はないのだし。

関連(してるかもしれない)記事たち

写真1
侍タマ姉への道〜黒タマ
侍タマ姉の再現に向けてパーツを集めているのですが、ニーハイ編み上げブーツがヒールが高いのしか売ってなくて困ったなつきさん...
写真1
向坂さんが来た
本日、SKAの娘さんたち、自称「SKAガールズ」に新しい仲間が加わりました。To Heart2のお色気担当・タマ姉こと向...
写真
谷間の研究2012春 構造編
関西も梅雨入りしました、なつきです。遅くなりましたが今回は、着ぐるみさんに胸の谷間を実装してみる研究、略して「谷間の研究...

「髪を固める(プチ結髪)」への2件のフィードバック

  1. >>1 髪々の黄昏さん
    めだかボックス乙。アセトン使うと臭いもさることながら脳に来ますね!脳天直撃。軽く頭痛しました。有機溶剤使うときは換気をよくしましょう!環さんからのお願い。
    固めるのにもいろいろ方法あるのですね、参考になります。

  2. 髪々の黄昏(トリック・オア・トリートメント) より:

    固めるのうまーい。

    ところで室内でアセトン使ってお家の中が臭くなりませんでしたか?
    私のやり方は湯で溶いたゼラチンを使って固めるというものです。10分ほどで乾き、ある程度の耐水性とキープ力を持っています。何より天然素材で人体に無害なところがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。