せいおん!

グラボGF-GTS450-E1GHDのファンがうるせえ!のでなんとか静音化してみる日記。

写真1最初は低電圧で回せばいいやと考えてファンコントローラ購入してみたんですが、よく見たらグラボ側ファンの電源プラグが2P。一方、ファンコントローラのプラグはケースファン用の汎用的な3P。3Pのうち1線はパルス伝達用だから、残りの2線(たぶん赤黒)ぶっ挿せば回るんですけどね。ボード側のコネクタかコントローラ側のプラグかどっちかを削らないとそのままでは挿せない。

写真2加工は商品価値下がるし、さりとて変換プラグとか作るのも手間だし、これ以上お金は掛けたくないし、ええい面倒だ!(若き日の石原裕次郎的に)ってんで、ファンを静音なものに交換することにした。

まずはリテールファンの取り外し。側面の4ヶ所がヒートシンクにネジ止めされているので、これを外す。

写真3写真4露出したヒートシンクに、静音タイプのケースファンを(風の方向はボードに吹きつける方向)かぶせて固定。余ってた12cmファン(1000RPM 42CFM)を使いました。固定にはベルクロを(幅を半分に切って)使用。ヒートシンクの張り出し部に引っ掛ける感じで。写真のゴムは仮止め用ね。

写真5写真6マザーボードに接続。電源はマザーボードのCHASSISファンコネクタが開いてたのでそこに接続。ボード2.5個ぶん占有する厚みになりましたが、ケース前後方向にはコンパクトにおさまる。ケース内部に干渉するものはなく、ぎりぎりケースパネルにも当たらず。

写真7写真8電源通して回してしばらく様子をみてみましたが、風量は申し分なし、風切音は耳を澄ましてわずかに聞こえるくらい。リテールファンとは雲泥の差ですよ。ファンが大きすぎてはみ出した部分の風がもったいないというか、エアフローが撹乱されてそうなのが気になりますが。あとは夏が乗りきれるかどうか。

ところで今回つけたファンの電源はマザーボードから直接取ってて、グラフィックボードからは取ってないのでグラボのファン電源コネクタは開いたままなわけですが、グラフィックボードによってはこれが接続されてないと起動時に「ファンをつけろよデコ助野郎!(意訳)」と怒られるらしい。余計なお世話というか。

関連(してるかもしれない)記事たち

写真1
グラボ買い替えた
長らくWindowsXPで頑張ってきた弊社のメインマシンですが(スペックはひとりでできるもん!参照)、先月ようやくWin...
写真1
新PC(エアフロー編)
くだんの新自作機ですがとりあえず完成しました。基本スペックは前エントリひとりでできるもん!参照。今回は静音化とエアフロー...
写真1
700万PV&PC故障
気がついたら700万PVを超えていたSKAです。先月下旬くらいに。600万が去年9月だったので、8ヶ月で+100万。今回...

「せいおん!」への4件のフィードバック

  1. なるほど。このブログ参考にさせてもらいますね。アイドル時ですら気になってしょうがないし。ちなみに自分もファンコン無駄に買ってしまいました(笑)電源プラグの違いとか知らねえっつの!

  2. ヒラケンさん:
    パーツメーカーとしてはどんな環境で使われるかわからないのでマージン持たせて設計してるかもわかりませんね。少々の温度ならなんとか。室温があんまり暑いとぶっとびますけど(経験あり)。

    ゴメスさん:
    耐えられるかどうかは、夏の室温にもよりますねえ。風量そのものは今回付けたもので十分だと思いますが(厚みと直径が大きくなってるので、同一回転数だとしても風量は増えている)。

  3. これとまったく同じグラボ買ったんですが、うるさいですなあ。俺もファン交換してみようかな?熱が怖いが

  4. ウチのGeforce7600GSは、静音ファンを付けたら「回転数が遅いんだよデコスケ野郎!」と怒られました。ただ、そのファンスピードコントロールオフにして、温度モニターだけにしたら問題なくなって、その後4年近く使ってます。いい加減なモンですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。