谷間の研究2011秋 #2

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8

今回の谷間の出来栄えにいささか落胆しているなつきです。見るたびにがっかりするとか、どんだけー。とりま少しでも谷間に近づくように胸の詰め物のスライムを増量して微調整してみたので、予定変更して瑞希ちのブルマ姿をお送りします。まあ、体育の日(10月第二月曜日)記念ということで。タニマスイッチ。豊満感はあるよね。

ちなみに体育の日(10月10日、改正祝日法適用前)は東京オリンピックの開会式(1964年10月10日)にちなむのだとか。ハッピーマンデー実現のためとはいえ日付に意味がある祝日を勝手に動かしちゃうのはどうかと思いますな。

写真9あ、あと下乳がどんな感じになるか確かめたかったので、こみパで下乳といえば詠美ちゃん様の体操服+旧スク水だなあ……と思いまねっこしてみました。ポーズとかうろ覚えなので適当。しかし乳そのものがあまりの低クオリティでありポーズとか再現度とかそれ以前の問題である。

関連(してるかもしれない)記事たち

写真1
谷間の研究2011秋
ときどき自分が何をしているか分からなくなることがあるなつきです。「吾輩は猫である」の6話で、研究に必要なガラス玉を正確な...
写真1
谷間の研究2011春
ひさびさの動画。動画本編終了後にアダルトな動画へのリンクが表示されるので、このエントリは18歳未満の閲覧はお控えいただき...
写真1
谷間の研究2011秋 工程?編
11月です。2011秋式・谷間の研究の構造について。うまく行ってるとはいえないのであんまり乗り気ではないのですけど、まあ...

「谷間の研究2011秋 #2」への5件のフィードバック

  1. これ以上は一枚布で立体縫製しか…と股間の紳士が申しております。

  2. これはこれで、良いではないかと思うよ。
    もしかしたら、中身が柔らかすぎて肌タイの伸縮率で潰れちゃうのが原因かもね。うちは少し硬めのシリコンなので、ちょっとやそっとじゃ潰れないので。でも、揉み心地はちょっと不満なんだよなぁ…。(^^;)

  3. このおっぱいは、がんばりすぎですね。おっぱいはだらしないものですから、開発再開の暁にはそのへんを考慮して作れば、誰もが振り返るウルトラダイナミックなおっぱい、そして谷間ができるのではないかと。僕ができそうなアドバイスは会ったときに話すよ、ムッチリじゃなくミッチリとね!

  4. >>1
    やはり私にはこういう制作ものは向いていないようですね。真摯なご意見ありがとうございました。ちょうどモチベーションも低下しきったところですし、長らく続けてきましたが谷間の研究、本日をもって開発凍結といたします。

  5. くっ私の目は節穴か?!
    まるで肌タイツにおっぱいボール(半球)がそのまま張り付いているやうに見えるじゃなイカ?
    そんなことをすれば重みで引っ張られて谷間は出来ず浮き上がってしまうはず…?
    下乳の具合はまるで山が隆起したかのように飛び出していて、いかにも硬そう。
    春のお胸の方が良かったような気がします
    たゆんたゆんの乳の動画をいつか見られることを希望します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。