空、久遠、浜辺にて。~タマ姉

8月下旬に淡路の海へ行った時の写真。略して海ピク。全二回に分けてお送りします。今回はタマ姉。あかねちん&あゆみちんと仲良さげな感じ。

写真写真写真写真写真写真写真写真

胸の谷間は完成後、これが初の屋外「一般」公開になりました。谷間の研究の最終目的の一つが海でビキニを着ることだったので(もうひとつは「サムライ環」)、目的は当面達成できたことに。これまでの運用で「胸の重みで、肌タイツの胸の下がしわになってきやすい」ことはわかっているので、都度手繰り寄せたりしながら。しわはないに越したことはない。布地である以上しわにならないことはないのですが、せめて静止画上だけでも。

写真写真写真写真写真写真写真写真

毎年言ってる気がしますが、夏は暑さ……特に汗との戦い。汗ばんだ身体に肌タイツを着ることの難儀なことといったら。もたもたしてる間にどんどん汗かいてますます着づらくなる。着てからも、汗じみができたりして非常に格好悪い。今年は風が涼しかったのと、冷感スプレーを(肌タイツを着る前に)直接体にかけたりしたので、汗じみは首もとだけで収まっていますが……。

首が汗だくになるのは、首から上が小さな閉鎖空間になる着ぐるみの構造上、いかんともしがたい。熱気と湿度がこもって面の外へ出ていかないから、首から上だけがどんどん暑くなる。髪がショートだと首すじが外気に開放されて、頸動脈が冷やせるのでまだマシなんですが、タマ姉みたいなロングヘアだとそれも絶望的。

関連(してるかもしれない)記事たち

写真
空、久遠、浜辺にて。~瑞希
8月の淡路行きの写真2回め、今回はマイシスター高瀬瑞希の写真を中心にお届けします。 前半は水色チェックのビキニ。これまで...
写真1
夏の思い出〜タマ姉 #2
海に行こうぜ!タマ姉編その2、すなわち最終回。最後はユカリちん・宮子(@ひだまりスケッチ)の3人で。集合写真がよりによっ...
写真1
夏の思い出〜タマ姉 #1
というわけで久々の写真更新。9月も下旬に入っちゃいましたが、海水浴タマ姉編、その1です。瑞希もですが、環さんも胸が大きい...

「空、久遠、浜辺にて。~タマ姉」への2件のフィードバック

  1. picpacさん:
    確かに、桜や紅葉なんかとちがって海辺の写真は時期をずらすことも可能ですね。ビーチの写真は夏に見せびらかしたいから、どちらかといえば前倒しで撮りたい。雑誌のグラビア撮影とかは数カ月前にやったりすると聞きますし。

  2. picpacです、こんばんは。

    夏っぽくてイイですね。写真は、最後の1枚(4段目の右端の1枚)が、イイですね。構図も、水の青さもイイですし、タイツのしわも目立たず、良いと思います。

    こういう写真ですが、撮影は10月頃の涼しくなった頃の方が、快適ではないですかね。海水浴場はシーズンオフですが、一般人も居ないし、水にさえ浸からなければ、管理者からも文句は言われないと思います(^^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。