Logicool M705rで難儀する。

写真マウスの話。これまで使ってたエレコムのM-D21DLが左ボタンのオフを認識しなくなったり(押しっぱなしになった状態)マウスポインタが飛んだり引っかかったりしたので、ネットの口コミやレビューを参考にロジクールのM705rに買い替えた。しかしこれが非常にクセのある代物で、まともに使えるようになるまでに大分悩まされ……。多くはソフトウェア起因の問題ですが、コストダウンのあおりをまともにくらったのではと思うものも。

なお、当方環境はWindows7(64bit)。

SetPointをインストール後、起動するとエラー

SetPointはロジクールのマウス・キーボード類専用の設定ツール(ドライバやブラウザ用アドインを含む)。インストール後に「マウスおよびキーボードの設定」を起動しようとすると、「このアプリケーションのサイド バイ サイド構成が正しくないため、アプリケーションを開始できませんでした。」というエラーを吐いて起動しない。

出力メッセージでぐぐれば、Windows7の場合、動作に別途Visual C++のランタイムライブラリのインストールが必要、ということがわかる、けれども。インストーラで判断して追加インストールするとか、せめてダウンロードページに注意書きするとか、いくらでもやりようがあるんじゃないかと。仮にも現行OSですよ?というかもう次のOS出ちゃいましたよ?

【対処】
Visual C++ 2008ランタイムライブラリをインストールする。Visual C++ 2005や2010のランタイムでは動作しない(このエントリ記載時の最新版6.51.8の場合)。OSが64bitの場合は、SetPointも64bit版がインストールされているはずなので、ランタイムライブラリもx64(64bit版)を。

Chromeでホイールが動作しない

SetPointをインストール後、Chrome上でホイールを回転させてもページがスクロールしない。例によって「chrome ホイール」でぐぐるとWheel Redirectorというマウスの入力をフックする系ツールの不具合という情報が。

当方の環境ではWheel Redirectorは使用していなかったものの、Chromeの拡張機能でGestures for Chromeというアドインを入れていた。これを無効化することで解消。なお、(なぜか勝手に入ってる)「Logicool SetPoint」アドインを無効化してもよい。SetPointのほうのアドインの効果は「Chromeでぬるぬる上下スクロールするようになる」だけなので、無効化するならこっちのほうがいいかも。

※Wheel RedirectorがChromeに未対応だった、というだけで、SetPointの有無とは関係ない。なお、このエントリ記載時最新の1.7.4では対応済み。

【対処】
自動で追加される「Logicool SetPoint」アドインが他のマウス操作系アドインやツールと競合して動作が不安定になるので、Chromeの拡張機能画面から「Logicool SetPoint」を無効化する。

スクロール切り替えボタンが反応しない

ホイールの後方(手首側)に、ホイールの高速回転と通常回転を切り替えできるスイッチがある。トグル動作で、押しこむたびにラチェット回転とフリー回転が切り替わる仕組み。これが押しても反応しない。いろいろいじってるうちに、スイッチを後ろから指で軽く弾いてから押すと、カチッと音がして正しく切り替えできることがわかった。

不具合ですよねコレ。レビューや紹介記事を見てもそんなコメントは見かけないし、マニュアルにも書いてないし。と思ったら、マウス・キーボードセットMK710に添付の同型について価格コムで詳しく検証されてました。今回購入したM705rはM705の簡易包装版らしいですが、M710同梱版を含め、包装だけでなくて生産段階でもコストダウンが図られている模様。

【対処】
交換しても埒が明かないので、工夫で乗り切る。

マウスの基本動作に文句はない

写真マウス自体は、ロジクールらしくホールド感もクリック感も極上。ただ、なつきの手にはもう一回り大きくてもよかった。エレコムの前には同じくロジクールのMX620を使ってて、これがちょうど手のひらにしっくり収まるよいサイズだったので、デザインの似たM705も同サイズかなと勝手に考えていた。並べてみると、長さは1.5cmばかり短い。大きなマウスは昨今流行らんのかもわからんね。

関連(してるかもしれない)記事たち

Windows10 Version1607の累積的な更新プログラム適用後に起動が完了しない
今年、Windows7(64bit)から10に無償アップグレード(上書きインストール)したぼくのPC。10月初旬いわゆる...
写真1
X100eでSDカードにリカバリを作成する
去年買ったThinkPad X100eのハードディスクをSSDに換装してみた。換装作業そのものは難しくない(詳しい写真入...
多ブラウザ対応
IE5.5, IE6, IE7, IE8の確認が同時にできる -IETester ちまたにはスタンドアロン版IEというの...

「Logicool M705rで難儀する。」への2件のフィードバック

  1. しょっぺさん:
    お役に立てたようで、何よりであります。win7 64特有のエラーなのかな?

  2. メモリを増設したので win7の32から64に変えたら setpointがサイドバイサイドのエラーで、あちこち検索して ここの記事でVC2008SP1のパッケージをインストールして解決できました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。