夏の思い出2014 星奈

今年の夏も、例年通り、淡路島へ。ただ、今年はあまり晴天に恵まれなかったのが、残念なところ。まずは、柏崎星奈。7月の導入から日が浅く、操演も不慣れでしたが、適切なサポートと確かなスキルに支えられて、素敵な写真を残すことができました。

写真写真写真写真

もともと星奈は日が浅いのと、重いおっぱいを保持できる適当な水着も入手できなかったので、今年の海には連れて行かないつもりでした。が、ちょっとした運命のいたずら?で、投入を決意。

それまで、取り回しに慣れるために、室内でセルフ撮りは、いろいろ試していたのですが。セルフなら、撮影結果を見ながら調整できるし、何度でも撮り直せるし、人に迷惑かけることもないし。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

絵として見るぶんには、でっかいおっぱいもちっちゃい三角ビキニも素敵なんですけど。両方あわせて2.5~3.0kgのウェイト(体重の5%)を肌タイツの偽乳ポケットで支えてないといけない。布地に負担がかかるし、胸の下の「悪い」しわができやすいし。今のところ、偽乳の大きさをひかえめにして、だましだましごまかすしかないみたい。

関連(してるかもしれない)記事たち

写真
夏の思い出2014 なる
海撮影写真の後編は、成瀬川なる嬢。今年の撮影、じつは8月下旬と9月上旬の2回挑戦したのです。前々回のエントリでご紹介した...
写真1
夏の思い出〜タマ姉 #2
海に行こうぜ!タマ姉編その2、すなわち最終回。最後はユカリちん・宮子(@ひだまりスケッチ)の3人で。集合写真がよりによっ...
写真
夏の思い出2013
9月も末ですっかり涼しくなりましたが。私がいいと言うまで夏は終わらないのです。今回は先月はじめに皆で海へ行った時の写真...

「夏の思い出2014 星奈」への2件のフィードバック

  1. 谷間にヨコにしわが入るのは、一番狭い部分でそうなる場合は、可能性としては谷間の間隔が広すぎるパターンでしょうか。なつきの作り方だと、幅が5mmを超えるとそうなってしまいました。裏で抑えてるプラ板の枚数とか、縫い付けの位置(谷間ラインからの距離)によって閾値は変わるかもしれないのですが、あまり回数を試せていないので、まだ理論的に説明はできません。
    下の方、下乳にかけて広がってゆく部分で横じわになるのは、プラ板をその近辺にも配置しておくことでかなり防げます。横じわになるということは肌タイツが左右方向に伸びて、上下方向に縮んでるってことなので、一定以上伸縮しないようにプラ板を張って、下乳ラインを固定する。

  2. はじめましてMM04と申します。
    いつも拝見させていただいてます。
    相変わらず見事なおぱ~いですね~。
    ところで運用面で質問があるのですが
    胸の谷間に横にシワが入りませんか?
    どのように処理してますでしょうか?
    初コメントで失礼とは思いましたが
    やはり第一人者にお聴きするのが一番かと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。