ソフトブラ型紙の作成 Take body size, make bra pattern

このページでは、着ぐるみの胸の谷間加工のうち、ソフトブラの型紙作りの手順を示しています。This page shows you how to make bra pattern for making of kigurumi cleavage.

計測用原型の作成
Setup of measuring pattern

130831-191702まず、計測用のソフトブラ原型を作ります。新聞紙などをソフトブラの形に切り抜いたものを4枚(前面用2枚、背面用2枚)用意します。写真では、緩衝材(更紙)を利用しています。どうせ切った貼ったするので、この時点では形や大きさは適当で、ざっくりと。サイズの目安に原型の型紙をおいておきます(PDF)

131006-230409前面用の中央と、前面用と背面用の左右それぞれの肩紐、脇の下をセロテープで貼りあわせて、ソフトブラのかたちにします。写真だと、肩紐と肩紐の間が直線になってる向こう側が前面、曲線になってる手前側が背面です。

計測
Take body size

fig-1作ったソフトブラ原型を、着用します。この作業はひとりでは難しいと思うので、誰かに手伝ってもらってください。まず、肩紐に両腕を通してから両端を背中へ回し、身体にぴったり巻きつけてから背中側をセロテープで仮留めします。

fig-2肩紐の角度が身体に沿わないはずなので、根元を斜めに折って角度をつけます。余る部分は折り込んで、これもセロテープ留め。身体から浮いた部分をなるべく作らないのがポイントです。ひととおり作業がおわったら、片方の脇の下のテープを外して、原型が崩れないようにそっと脱ぎます。

型紙起こし
Make pattern

131006-231505a脱ぎ捨てられた原型。これでバスト周りを計測しつつ型紙の元ネタができました。この原型を上から潰すと、平面の型紙になります。これを参考に、改めてソフトブラの型紙を起こします。おもに背面側のアウトラインがスムーズになるように、線を引き直す作業です。

131006-232228aかたちをととのえた原型を型紙がわりに、厚紙に線を引き直します。これを切り取って、型紙の完成。背面側の肩紐部分は根元から切って、前面側の肩紐の続きにつなげてしまいます。

型紙ができたら、これを布地に写して切り抜く作業に入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。