しるし付け、ソフトブラの仮止め Mark, trace and pin

このページでは、着ぐるみの胸の谷間加工のうち、しるし付けと仮止めの手順を示しています。This page shows you how to mark and pin bra on hadatai for making of kigurumi cleavage.

しるし付け
Mark

130814-175841ソフトブラを縫い付ける位置を決めるために、肌タイツに、チャコペンで補助線を書きます。肌タイツの生地に線を引くのはむずかしいですが、肌タイツをしわにならない平らな場所に置いて、生地を引っ掛けないようにそっとペンを引く感じ。 Mark on hadatai so that you can sew bra on the correct position of it easily.

120726-210152この作業には、100均の「水で消せる水性チャコペン」がなかなか便利です。赤色は布地に書いて放置しているだけでもどんどん薄くなります。青色は書いたあと数日は残っています。いずれも洗濯すれば問題なく落ちます。 I found that a water-erasable marking pen is useful for maring. It has two colors: red and blue. They are all easy to remove by either washing or leaving for some days. I bought them at 100 yen shop.

なお、ふつうの水性ペンは洗濯しても落ちないので、決して使わないで。
And I dare say never use water-based markers! Sometimes they are hard to erase completely by washing with water if you mark on fablic with them.


fig-4aまず両肩の付け根と両わきの下の縫い目のそれぞれを結ぶ水平線を書いて、次にそれらを二等分する垂直線(B)を書く。肌タイツに前もって書いておいた基準線は、ほかの水平線と平行になるように延長して水平線(A)とします。 First draw two holizontal lines: between both shoulder joints and underarms. Then draw vertical line B which crosses and bisects these two lines at right angles. Make a baseline, which was draw beforehand, longer to be parallel to other holizontal lines and name it as holizontal line A.

fig-4bそれから、水平線(A)の位置に型紙(前面側)の上端を、垂直線(B)に中央端をあてて、下端線(C)を決定する。 Fit the front bra pattern to the holizontal line A and center vertical line B. Then draw holizontal line C at the bottom of the pattern.

130328-175501下乳ラインを決める線は、専用のおっぱい型紙で引きます。PDFファイルを用意したので、紙に印刷して厚紙に貼り付け、切り抜くなどして使ってください。型紙は大・中2種類あります。お好みでどうぞ。 This is a pattern of boob pocket. Here I prepared PDF file for you. There are two size available: larger one for over F cup and smaller one for less than E cup. You can print any of them you like on cardboard and cut them.

fig-4cおっぱい型紙をあてて、谷間と下乳の線を引く。型紙の上端は水平線(A)の高さにあわせて、右端は中心線(B)から2mmていど離して書くとよいとおもいます。そうすると、谷間の間隔は5mmくらいになります。 Mark left side of pocket. Set a pattern beneath holizontal line A, about 2 millimeters apart from center vertical line B. This makes a width between breasts about 5 millimeters. Then trace it with a marking pen.

141112-122624谷間の幅が5mmを超えると、「谷底」で、肌タイツに水平方向への引っ張りじわが目立つようになるようです(ソフトブラの縫いつけ方でも出かたが変わってくるのかもわかりません)。 Not to be over 5mm width, or the bottom of the cleavage will be stretched by both side of breasts and crease easily.

なお、型紙の上端は水平線(A)にぴったりあわせますが、谷間線の開始点は水平線(A)ぎりぎりではなく、そこから8mmくらい下がよいようです。まあこれは、実際に縫うときにいくらでも調整できますが。 It makes a good appearance that you starting the seam line of pocket from about 8mm below the holizontal line A.

fig-4d左乳を書いたら、型紙を裏返して同様に右も書きます。 After you finish marking left side, turn over the pattern and mark right side.

仮止め
Pin

fig-5あらかじめ、肌タイツのファスナーを下げ、内側が見えるようにしておきます。ソフトブラ(前面パーツ)を肌タイツの胸の内側に重ねて、ブラの上端線・中心線・下端線と、肌タイツに書いた上端線(A)・中心線(B)・下端線(C)の位置をあわせます。 Zip down hadatai (generally its zipper is on the back of it.) Put the front piece of bra on inside of breast of hadatai. Set each of the top, center and bottom of bra along the line A, B and C marked on hadatai.

141112-164532まち針で仮止めします。まち針は縫い線(ミシンの針を縫い進める進路)と垂直に交差するように刺します。 Pin bra on hadatai with marking pins temporarily. First each side of seam line, then center and other points. Each pins should cross to seam line at right angles.

最初は上下中央あたりを固定して、肌タイツのしわをそっと左右に手でなでるように押し伸ばし、広げながら、針を刺していく。しわをとることを意識しすぎて、肌タイツが変形するくらいに伸ばさないこと。変なテンションがかかっていると、縫った時に引きつられて不格好になります。 While pinning, smooth wrinckes down on each side softly. Not to stretch hadatai, or it will be twitched and unshapely.

仮止めが終わったら、このあとは、ソフトブラを肌タイツに縫い付ける作業に入ります。After finished pinning bra, sew it on hadatai.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。