高瀬瑞希生誕祭2016 Mizuki's birthday

160430-225422160430-230306160430-231145160430-231245160430-232115160430-222347

5/12は瑞希さんの誕生日なので!ただ、先日作ったおめめの白目・黒目比率がいまいちなせいか、寄り目に見えていまいち可愛くなくていまいちティンときません(._.)いまいち萌えていない。そのうち作り直します……。

台湾・高雄にて Kaohsiung, Taiwan

160320-105835160320-111458160320-113314160320-114241160320-114258160320-115047160320-120420160320-120810160320-120824160320-130737160320-132733160320-133103

3月下旬に、高雄での撮影会にお呼ばれされてきました。海外は上海以来半年ぶり、台湾はなんだかんだで6年ぶり?なつきさんとしては最近の台湾勢の活動を間近で見たかったので、セズ奈さんから撮影会のお話があった時は渡りに船といった状況で、二つ返事でオーケイボスしたのであります。

先方からは瑞希(の先日プチ改造した瞳)を見たいというご指名で、事前に撮影場所のイメージは伝えられていたので、ではそれに合う衣装をということで、すごく久しぶりにピーチ瑞希の衣装を引っ張りだして持参した次第。

高雄は台湾南部の都市。基本的に全土南国ムードな台湾の中でも南のほうとなると、もう、まるきり熱帯で、3月でも日中の気温が30度前後に。着ぐるみにはつらい環境です。さらに当日は撮影直前まで雨が降っていて、湿度もうなぎのぼりに。むせる。

なつきさんは早々に冷房の効いた更衣室へと てったいしなければ ならかった過酷な環境でしたが、台湾勢は元気にかわいらしく操演しておりました。若いっていいよね。スタイルも身の振り方も被写体としての自分の魅力をわかって理解して撮られているのがひしひしと感じられて、ズルい。

生存報告 I am safe

4月14日に熊本で地震が起きたタイミングで更新中断してるので心配された方もいらっしゃったようですが、なつきさんは元気に生きております。bioにも書いてますが住まい(兵庫)は震源地(熊本)から何百キロも離れてますので。

twitterのつぶやきはここの更新よりももうちょっと頻度高いので、気になる方はそちらもあわせてご覧いただければ。

更新がゆるゆるな理由ですが、今年に入ってからまたお絵かき熱が上がってまいりまして、着ぐるみよりも絵にかける時間のほうを大事にしたいなあと。出来栄えは相変わらずへっぽこですが。先述のtwitterのほかpixivにも置いてますので、こちらももし興味があればご覧ください。

春のぱんつ祭り2016 gifts for Natsuki

160402-184511160402-184642

先日3月22日はなつきの誕生日だったのですが、プレゼントをたくさんいただいたので、ここでご紹介。まずは、リサガスのミニクッション。思わず小躍りしたくなるかわいさです。

160402-190215160402-190512160402-190536

それから、えー。ブラとぱんつのセットです。春めいたピンクの。これもたいへんかわよいです……めっちゃローライズな履き具合になりますけど。ずり落ちないかやや不安になる高さです。こんな高さで大丈夫か?

160402-185135160402-185400160402-190615

余談になりますが、お召し物は例によってあかねさんのコーディネート。春らしくさわやかで大人かわいいし、おっぱいが強調されて、いいですよね。

成瀬川なる生誕祭2016 Naru's birthday 2016

160316-203705160316-204048160316-204336160316-204435160316-204634160316-204805160316-205016160316-205122

3月25日は成瀬川なるさんのバースデイ。例年はなつき(3/22)とあわせてお祝いするのですが、今年はスケジュールの都合で別々でした。なつきの誕生祝いのようすは、後日また別のエントリで。

さて今年のなる生誕祭。ラッピングです。裸リボン。リボンを身体にぐるぐる巻いて「プレゼントはわたし♥」みたいなイラストをたまに見かけますが、人間用のラッピングリボンを現実に商品化しちゃった海外のメーカーがありまして、このたびそれを試してみた感じです。

曲がりなりにもコスプレ衣装だし、多少は着やすいようにあらかじめ成形してあるのだろう(ゆかた帯みたく)と思ってましたが、届いた商品を見たらもう、掛け値無しに何の変哲もない本当に全くただの、幅広の長いサテン布です。それを身体にあてがって、十字にクロスして胸元で結ぶだけ。廃品回収に出す古新聞のごとく。

そしてほら、大方の予想を裏切らない結果に。ごらんの有様だよ!横から見たらただのふんどしです。すなわち赤ふん。あっちこっち丁稚!めでたさもちゅうくらいなりおらが春。

追随する視線 she always looks at you

160103-215709160103-220517160103-220809160103-222401160103-223433160103-223640160103-224146160103-224633

瞳を左右に動かせるようにした瑞希ちですが、瞳をやや奥まった位置にセットしているので、どこから見ても視線が追いかけてきて常にカメラ目線ぽくなる「副作用」があることを前回お話ししました。今回は、その実例をご紹介。ここにある写真はすべて瞳は正面位置のまま動かしていません。

構造としては左右にしか動かないのに、見る角度によって左右の流し目はもとより、上目遣いや見下ろし視線すらできているように見えるのは、不思議ですね。