上海ComicUp16 #3 Shanghai CP16 Days 2

150607-130243

マンション一室での交流会から一夜明けて、上海ComicUp16の2日目。2日目は、なつきもアレスタさんで参加させていただきました。

着ぐるみ参加するにあたって、日本を発つ前からずっと疑問だったのが、「中国の着ぐるみ勢はいったいどこで着替えているのか」。会場に更衣室はないので、一般のコスプレ参加者は駅で着替えたり、家から着てきたりするわけですけれども。荷物も多く、視界や動きに制限のある着ぐるみではそういうわけにもいかないだろうと考えていたところで。

150607-135310この謎の答えは、初日に明らかになりました。会場から徒歩圏内のホテルに部屋をとって、そこを更衣室兼ベースキャンプにして、そこから出撃・帰還していたとのこと。ホテルなら冷暖房完備だし、おめえ頭いいな。まあ、日本では着ぐるみで公の場を歩いてたら不審者扱い→即通報事案だし、イベント自体コスプレ来場は禁止なので、どのみち真似できないですけども。

そんなわけで、なつきも「その手」に便乗させてもらいました。ああ、チートだなあ。

150607-101905150607-101930150607-104244150607-113556GE150607-125251150607-130910150607-134046GE

会場内。1日目に劣らぬ人出の中を、移動しながら撮っていただいてました。1日目の中国勢はラブライブ!衣装あわせでしたが、2日目は色とりどりで。面+衣装+体型で総合的な完成度が高いのもさることながら、着こなしや操演にも隙がない。どう動けば可愛く見えるか、自分の魅力を十分にわかったうえで動いている。プロだな。プロに違いあるまい。


150607-165948イベント終了後は、ショッピングモールでお食事。ここで石焼ビビンバ注文したのですが。とてつもなく辛くて完食できず。ああ、こうして思い出すだけで汗が。辛いのが苦手ななつきさんなので辛いのがわかってる四川系とかは避けてたのですけど、石焼ビビンバはせいぜいキムチが乗ってるくらいで「辛い」ジャンルの食べ物ではない認識だったので、油断した。思わぬ伏兵。

上海に誘ってくれた香港の友人とは、ここで一足先にお別れ。


150607-190929150607-192207その後、皆さんとマンションに戻って打ち上げ。その日たまたま誕生日だった中国勢のひとり、Biakoさんの誕生パーティーも兼ねながら。誕生日のことは聞いてなかったので、突然マンゴーケーキが出てきてびっくりしたわけですが。違う意味でサプライズパーティー。祝われる主賓じゃなくて関係ないいち参加者が驚いてる。

そして、たくさんの宅配ピザ。中国の人がピザ食べるイメージはなかったので、メーカーがピザハットというのも含めてこれも違う意味で驚かされるなど。ああこれお高いなあ、と思いながら見てた。宅配ピザって値段高いですよね。あれはブルジョアの食べ物だ。しかも円安だから、円換算したらいくらになるやら。だから値段は聞かなかった。値段聞いたら、怖くて食べられなくなるよ。ちなみにお味は日本と同じでした。まあ、当たり前か。

本当は夜に上海観光に繰り出す予定だったのですが、夕方から雨になったので、残念ながらお預け。まあ、次にまた来る目的ができたと思えばいいよね。


翌日、なつきは飛行機で帰路に。空港についてから家の鍵をどこかに落としたことに気づいたり、雨で飛行機がなかなか飛ばなかったり、細かい(?)トラブルはありましたが。道中ずっと皆さんにたいへんよくしていただいて、いい旅行ができました。いや、じっさい、破格の待遇。往復の飛行機代以外はすべて向こう持ちだったし、何かと気遣ってくれたし。現地でお世話になったCR琵琶湖支社長さん、雷撃さんと琪格同人志の皆さん、Wyuさんに感謝。

上海ComicUp16 #2 SHANGHAI CP16 DAYS 1.5

150606-223032

なつきです。更新がずいぶんとご無沙汰に。7月からこっち、DVDの制作と頒布で大わらわだったのは、SKAやtwitterをご覧の皆さんはよくご存じかと思いますけれど。発送作業がようやく一段落ついたので、ゆるりと更新を再開していきたく。でもああ、もう夏終わっちゃったじゃないか。始まる前から終わっていたぼくのなつやすみ。

150606-211514150606-211603_150606-224237

ええと、6月の上海の話のつづきです。1日目の夜、マンションの一室で撮影会&日中交流会。当方からはアレスタさんをお連れしていましたので、ここで初お披露目。

150606-212346150606-212510150606-212820150606-213717150606-214815150606-214911150606-215206150606-221039150606-190416

そのあと、記念撮影的に、みなさんと。10人を超える人たちと一人ずつ、ポーズ変えながら撮られるって、意外に重労働でしたね……

それから、冒頭の集合写真を。「なつきが中国勢を侍らせてる感じで」撮りたかったらしいので、それがわかっていたらなんかこうもっとゴージャスな(ボスっぽい?)衣装にすればよかったな。なぜ赤ビキニなのか。ほら、水着ってかさばらなくて、荷物が軽くてすむから。現地で使うかどうかわからないけど、衣装をもう一品、というときにレパートリー増やすにはちょうどいいのですよ。


ひとしきり撮影したあとは、なつきさん、中国勢よりインタビューを受けることに。そのときの問答の中身はこちらのページに(中国語)。同じサイトの別のページに、前回のエントリの中国語訳もあるので、原文と見比べてみるのも面白いかも。

前回書き忘れてましたが、道中、コトバにはまったく不自由しませんでした。中国語はまったくできないなつきさんですが、中国側に日本語が堪能なメンバーが何人かいらっしゃったので。日本語が通じない時は、片言の英語でなんとか。ただ、みんなが中国語で何かジョークを言い合って笑ってるのを、一人だけ(みんな何を言ってるのかな?)みたいな顔で聞いてるのは文字通りKYでした。中国語のリスニングができたほうがもっと何倍も面白かっただろうなとは思います。

上海ComicUp16 #1 Shanghai CP16 Days 1

150606-123136

香港の友人からお誘いをいただいて、上海の同人誌即売会へ行ってきました。6年ぶり久々の海外&初めての中国大陸本土、いろいろと不安もありつつ。余談ですが旅行に先立って、去年切れたパスポート取り直したらIC化されてたのに驚くなど。まあ運転免許証もIC化される時代ですから。

#以下、文中の日本円換算額は旅行時点の為替レート(1元≒20円)で書いてます。


150606-094059イベントは2日間開催されたのですが、初日は様子見ということで、なつきの着ぐるみでの参加は2日目だけです。1日目は一般入場で。

150606-103028地下鉄最寄り駅のホームへ降りるとすぐに目に入る、上海名物?ホームで着替える一般コスプレ参加者。日本以外のアジア諸国では主催側がコスプレ参加者用の更衣室を用意しないこともあって、参加者がコスプレ姿のまま会場を出入りしたり街なかを歩いたりするのは当たり前ですが、駅のホームで着替えるのはさすがに中国だけかも。とはいえ、この街としても年に2回のお祭りであって、最初からそういうものだと思えば、そういうものなのか。駅の職員さんも咎めるでもなく、レイヤーさんと気軽に談笑したりしてました。

日本では近所迷惑だとか不審者だとかマナー違反だなどと言ってコスプレでの来場は禁止されるのがふつうですが、そんな日本でも「浴衣」だけは大目に見られてる。浴衣もお祭りの日にしか着ない衣装なのに、コスプレとどこが違うのか。最近は渋谷のハロウィンの仮装がちょっとした無秩序状態として報道されています。秩序だっていないことは問題ですが、仮装そのものは悪いことじゃあないと思うのです。

そんなコトをなつきが考えているその間にも、次の列車が来ては、続々降りてくる参加者。地上へ向かう彼らの波に流されながら、そのまま会場までの10分ほどの道をぞろぞろと歩いていきます。気温28度。首から一眼レフをぶら下げたアニメTシャツの青年や、目を輝かせ興奮気味の少女たちの中に、着物姿の少女やどう考えても暑そうな黒いゴスロリのおねいさんとかが、三々五々。時折その列の後方からけたたましくクラクションを鳴らしながら、くたびれた生活感のある過積載気味の電動バイクが何台も追い越していく。「カオスだなあ」とか思わずつぶやいてしまう。日本のイベントを見慣れた人から見ればカオスな状況なんだろうけど、これとて一定のルールにしたがって行動しているわけで、決して無秩序ではない。

150606-122447

イベントは、5階建てくらい?のコンベンションホールをまるまる使いきっての開催。会場内の雰囲気や規模、入場列整理なんかはワンフェスと同じ感じ、といえば分かる人には分かってもらえるかと。1階が企業ブースで、2階から上が一般スペース。あまりに日本のイベントとの違和感がないので、うわべだけ真似たのではなく、ノウハウをしっかり学んだうえで運営されてるのだと思います。

ジャンルは、やっぱり強い「ラブライブ!」「艦これ」のほか、根強い人気の東方、その他日本で人気の作品はだいたい揃ってる印象。コスプレは軒並み上質で、奇をてらわないオーソドックスなものが多かったように思います。日本の地方イベントくらいの感じ。エロコスに群がるカメコみたいな血走った事態もなく……いや、下乳丸出しのコスに道行く紳士の目が奪われていくくらいのことはあったか。

150606-120537

150606-141730150606-144959150606-145054

実のところ、ここ数年、中国国内外で急速にシェアを拡大しつつある雷撃工房製の着ぐるみ面とそのユーザーを見に行くのが、今回の目的のひとつでありました。

これまで中国国内には、雷撃が現れるまでは、中国の着ぐるみファンの着ぐるみを着たい、やりたいというニーズに応えられる、一定のクオリティで安定供給してくれる作り手がなかったのです。ちょうど15年ほど前に造形工房シグマが現れたころの日本の状況と似てますが、その後は中国自身の経済成長にも後押しされて、当時の日本とは比較にならない速度でクオリティを進歩させています。作り手のみならず、ユーザーの着ぐるみのスキルも含めて。

今回それを間近で見てきたわけですが、日本のとくらべても、全く引けをとらない完成度という印象です。造形も、衣装の縫製も、操演力も。体型はむしろ日本人より恵まれてるんじゃないですかね?よくもこれだけスレンダーな人材が揃ってるなと。日本1.2億で中国13.6億(2013年現在)、単純に人口比率の問題かもですけど。


150606-15510813時過ぎには会場をあとにして、同行いただいた方数人で遅いお昼兼打ち上げ。人生初めての火鍋(中国式しゃぶしゃぶ)でございます。具はおなじみ牛ロース・豚ロースのほか、つみれ・チシャ菜・カニカマ・スパム・きんちゃく・(水)餃子など。餃子はこの時は「加熱前の小籠包」が出てきたのだと思いながら煮込んで食べてたけど、帰国後に中国の餃子は煮て食べるのがふつうという記述を見かけて、ああ、あれ餃子だったのかと。

150606-170452そのあと、同じショッピングモール内のスーパーにて。貿易都市上海だけあって世界各地の品が手に入ります。でも「函館限定」品を函館以外で売るのはちょっとルール違反かと……。お値段78.8元(1576円)。ほかにもポッキーが50元(1000円)など、日本産のものだけやたら高かった。関税障壁か?

ちなみに一般的なモノの値段は、日本と同じくらいか(円安なので)やや高めです。現地の人向けの食事でも、円換算するとけっこうお高く感じるのだ。上海滞在中はずっと貧乏たれな気持ちのなつきさんでした。だいたい日本と似た生活なので、日本と同じものが手に入りますが、日本で買うほうが絶対安い。たとえば、コンビニサンドイッチが24元(480円)。ふええ。気軽にジャンクフードも買えやしない。日本人がお金持ちってイメージはもう過去の話です。ふええ。

ポルトヨーロッパ2013春

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

4月下旬に和歌山マリーナシティ・ポルトヨーロッパへ行った時のようす。まほろさんと瑞希ちがちょっとだけいました。例によって風の強いロケーションなので髪がくしゃくしゃですね。海沿いゆえ致し方ないですが……まほろさんのお召し物はお花見のときのもの、瑞希ちのはお馴染みリリカルコーディネイターさんのチョイス。海沿いのロケーションにマッチした素敵なコーデです。

そいえば、去年ポルトで遭遇したベイダー卿、今年も元気に?ちいとも(小さなお友達)に恐れられてました。ここだけの話、中の人は若アナキンを彷彿させるイケメンでありまして……素顔でコスしたら違う意味で人気出るんじゃないかな、とは思いますが、それは素人考えというもの。コスってのはそういうもんじゃない。なりたいものになれるのが楽しい。それは我々少女着ぐるみ者にも少なからず共通する部分なので、よく理解できます。

神戸FFP 2012秋

写真写真写真写真写真写真写真写真写真

10/14はマイワイフ坂上智代さんの誕生日です!ああん!僭越ながら不肖私めが生誕を祝わせていただきたく、9月下旬に神戸フルーツフラワーパークで撮影した智代さん写真をご紹介。しかし弊社には智代さんはまだ荷が勝ちすぎる、というのが、屋外で演じてみての正直な感想。キャラ愛と技量は比例しないのですよよよ。

旧二葉小(2012年7月)

8月さんがログインしました。仕事は変わらず多忙なのですがオフは懸案(谷間の研究)が片付いて若干余裕ができたので、そろそろ新しい写真集(2008)の編集にとりかかろうかなあと。

さて来たる8月27日は速瀬水月さんの誕生日、それから今年の8月は君が望む永遠11週年でもあります(←中途半端やなあ)。そんな強引なドリブル前フリをしつつ、先日7月21日に二葉小へ行った時の水月さんの写真をご紹介。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

去年導入したコスパ製白陵柊夏服。あごを引いて胸を張るとへそ出し写真連発です。最近のコスパはブラウスの丈が短い傾向があるみたいですが、去年はこんなコトはなかった。それはつまりスカートのウェストが引っかかる場所がなくなった=やせたってコトじゃないか。確かに実測で2kgは減ってるので(どこのお肉が落ちたのか知りませんが)悪い傾向だ。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

ところで夏の二葉小、屋内は異常に冷房が効いてて快適でした。が、電力消費には厳しいこのご時世、温度設定間違ってるんじゃないかとかえって不安になりました。熱がこもりやすい口閉じの面で涼しく感じる温度って、よっぽどよ?22~23度くらいか。

話は脱線しますが、口が開いている(意匠としてだけではなく、物理的に穴が貫通している。SKAの開き口の面はすべて実際に貫通しています)と、熱と湿度をもった呼気がすみやかに排出され、涼しく感じられます。また首筋がロングヘアなどで隠れていなければ、頸動脈が冷やされ、体温冷却に役立ちます。つまりショートヘアやポニーテールで開き口は比較的涼しくて、逆にロングヘアで閉じ口はいちばん暑いわけです。SKAガールズで暑さを不等式にするとこんな感じ。

向坂環>>>水澄楓>速瀬水月>成瀬川なる>安藤まほろ>高瀬瑞希>北小路七菜

タマ姉(暑さが)たまんねえ。

(撮影:picpacさん、こはくさん)

まいどーる2012

写真相変わらずアドリブに弱いなつきです。先日5/4のまいどーるにてSKAブースにお越しいただいた方、ありがとうございました。当日持っていった頒布物はおかげさまで新作旧作含めすべてほぼ完売(微妙な表現)。とくに旧作のほうは開始早々完売してしまったので、もう少し持っていってもよかったなと思ったりもしたけれど実際荷物もういっぱいいっぱいだったしな、これ以上は売り物以外の荷物を削らないと……荷物といえば今回飛行機で行ったんですけど、羽田空港のトイレにナップザック忘れて会場からとんぼ返りして開場に間に合わなかったとかそんなアクシデントもありましたが私はドジっ子です、いまさら言うまでもないですが。

今回ははじめての物販ということで至らぬ点も多々あったかと思いますが。はじめての物販。略してはじブツ。ニチブツみたいだな。ドッキングせよ。写真集自体のご感想も含めてもっとこうしたほうがいいんでないのとか、ご意見ご感想ご指導ご鞭撻お待ちしております。

写真ところで今回はおまけ要素ながら一応瑞希ちも連れてきていたので、あわよくば瑞希ちが店番とかポワワしていたのですがタイムスケジュールがあわず、物販終了後に5分ほど出ただけ。見た目もひどいありさまだったし、無理にやってもいいことないですね。まさしく二兎追うものはなんとやらで。次回はもっとストイックにいこう……

最後になりましたが当日物販サポートしてくれたFELONくん、台湾みやげいただいた豪華王さんありがとうございました。モノか!モノにつられるのか弊社は。

帝国は強い – ポルトヨーロッパ #2

写真ポルトヨーロッパの後編。雨模様で傘が手放せないなか、我々が出会ったのは───シスの暗黒卿。天候悪いところへ巡回お疲れ様ですヴェイダー卿。七菜(右)がちょっと引いてるのは卿に敬意を表して……というかおびえて。帝国はーつよいーつよいー。

ところで七菜のお召し物ですが、以前瑞希が着てた上下のスカートをホットパンツに変更したもの。瑞希のときはスカートの赤色がいいアクセント+瑞希の赤い髪色とマッチ+フレアの広がりで可愛さUP&肩幅ごまかし効果も、といろいろいいことづくめだった……のが今回わかりました。ホットパンツもいいのだけど、ボトムスに赤色のワンポイントなにか欲しかったよね。私服コーデは難しいなあ。

写真写真写真写真写真写真

午後も遅くなってようやく雨が上がったところで、外へ出ると友人たちが三々五々の橋の上。おひさまサンサン午後とはいきませんでしたが。

写真写真写真

そして最後は姉妹で締め。仲よきことは美しきかな。おねーさんここぞとばかりに百合百合しちゃうぞー。

桃園の誓い – ポルトヨーロッパ #1

3月18日にポルトヨーロッパに行って来たときの写真。あいにくの雨でありましたが。3月中旬から4月頭まで毎週週末は天気悪かったですね。行動は制限されるし写真は暗いしで、どうにも。

さて今回のコンセプトは「姉妹感」。弊社の北小路七菜と薬師神あかねちんは両方ともエナっ子で、髪色も同じ。瞳の表現も同じ自作の型で揃えて(印刷した時期が違うので色味は違いますが)兄弟……いや、姉妹の契りを結んだ仲なのです。生まれた日時は違えども───願わくば同じくぱんつを見せんことを!そんなことは言ってませんが。仲睦まじきかな。

写真がたくさんあるので、2回に分けてのご紹介。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

神戸イルミナージュ

写真1写真2写真3写真4

2011年12月25日、神戸FFPの夜の部。会場が同じFFPってだけで、神戸イルミナージュっていう別のイベントなんですが、この日だけコスプレ参加OKってことだったので。寒い冬の夜ってことで、写真のとおり防寒もこもこ重装備で臨んでます。あと写真には写らないけどインナー2枚重ねにしたり、靴底にカイロ入れたり。風が止んで昼間ほど寒くなかったのは幸いか。

写真5写真6写真7写真8

昼間はなんだかよくわからなかったFFP園内のオブジェたちですが、日が落ちてイルミネーションが点灯するとようやく存在意義が理解できるという。白い木(色とりどりに光る)とか、ひまわり(光る)とか、地面にめぐらされたビニールチューブ(これも光る)とか。めくるめく光のシンフォニー。なんだこれ!よく考えたらクリスマスのイルミイベントとかリア充御用達じゃないか!騙された!

写真9写真10写真11写真12

彼氏とリア充を満喫する瑞希さんを各自妄想してお楽しみください(´・ω・`) 実際の瑞希さんは来るお客さんを冷やかしてたのですが。夜だから昼以上にびっくりされる。夜道でいきなりこういうのに出会ったらびっくりするだろ?誰だってそうする。俺もそうする。

実際、夜景+人物写真は大変だと思う。イルミネーションの光量だけでは暗すぎる→シャッタースピードを遅くする→ブレ大量生産。シャッタースピードを稼ぐためにフラッシュを使う→人物の顔が白くのっぺり。