聖夜の星奈 Sena in Christmas 2014

写真
先々週くらいに、ここ数年恒例になったクリスマス会・兼・鍋ぱーちーを開催しました。鍋の写真はないですが。お初の方も数名いらっしゃって、皆さんそれなりに楽しんでもらえたと思っています。なつきは例によって半分くらい寝てましたけどね!夜のお楽しみ会とかあったぽいのに!←パジャマパーティーのことですよ?エロ展開などなかった。いいね?

写真写真写真写真写真写真写真写真

さて、SKA2014年のサンタガールは星奈さんでした。偽乳は片乳1.4kg。夏もそうでしたが、胸が重いと肌タイツのおなかにしわができやすい。これは減点です。あとですね、ちょっと太って。脇腹のお肉が、マニアックな感じに。おなかを出す衣装はいつもにも増して危険行為です。ほとんど違法行為。それでも君はなぜ、君はなぜ戦いつづけるのか、おなかを出して。ここまでくるとやや自虐的と言えなくもない。

They’re Comin’ Tonight

写真写真写真写真写真写真写真写真
今年も残すところあとわずかに。先日拙宅にてささやかながらクリスマス(&鍋)ぱーちーが催されましたので、そのようすを。クリスマスは赤いサンタ娘さんを愛でる日なので、そんな感じの集合ショットになっております。ケーキは最近いつもお世話になってるアリスさん特製のです……でかっ。

写真写真写真写真写真写真写真写真

さて、今年は去年達成できなかったタマ姉サンタにもトライしてみました。おっぱいは片乳1.0kgです。インパクト的にはもう少し大きくしてもいい気も、ですが、衣装はすでにぱつぱつ。肩紐を伸ばすとかそういう加工をしないといけないなー。

盛大に遅れてきたサンタ瑞希

写真写真写真写真写真写真写真写真

昨年末、名古屋クリスマス撮影会向けに通販でサンタ娘コスを注文したのですが、結局それは撮影会までに到着しなかったという残念な結果に。インポートものはこれだから……。仕方ないので撮影会終了後、届いたそれを試着したのでした。イブの日の夜に。

「クリスマスには間に合ってるんだからいんじゃね?」と思われるかもしれませんが、クリスマス更新に間に合わないと意味がないんですよカテジナさん。逆算してだいたい当該イベント日の7日前にはネタ写真を確保しておかないと。当日の写真なんてせいぜいTwitterに撮って出しするのが関の山ですよ川崎さん。

届いてみたら生地が値段の割に安っぽい薄手だったので、外では着れないだろうな。露出度も高いし。

写真写真写真写真

後半は赤のブラ+ぱんつセット。もっと以前にランジェリーショップで購入したものの、着る機会がなくてタンスの肥やしになってたのを引っ張りだしてきました。赤の下着が似合う女子ってハリウッドセレブくらいじゃないかと思うのがタンスで眠ってた理由ですが。クリスマスに出せばクリスマス衣装の一環だと思ってくれたりするに違いない、などと供述しており。実際facebookでは水着と勘違いされたよ。

※肌タイツの胸の谷間の作り方は、エントリ谷間の研究シリーズをご参照ください。 If you want to know how to make breast cleavage, please see the series of A study in Cleavage.

めりくり!

ここ最近は間食の頻度が増えて、ふとましやかな生活を送るなつきです。おなかとかふとももとか、もう、もっちもち。お肉のバーゲンセール。通常の2割増でお値段据え置きお買い得!あらやだ!誰か買い取ってください。おなかだけ。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

さて今年も楽しいクリスマスがやってきました。クリスマスは赤いサンタな娘さんを愛でる日です。ですよね?ですので今年も瑞希さんが元気いっぱいサンタガールを演じてくれました。こんなコがうちに遊びに来てくれたらなあ(仮定法)。

なお今年は本当はタマ姉サンタの予定でしたが、いい衣装が見つからなかったので来年に期待ということで。せっかく谷間があるのだし、どうせならぐっと胸の開いたサンタのほうがいいじゃないですか。ねえ。

神戸イルミナージュ

写真1写真2写真3写真4

2011年12月25日、神戸FFPの夜の部。会場が同じFFPってだけで、神戸イルミナージュっていう別のイベントなんですが、この日だけコスプレ参加OKってことだったので。寒い冬の夜ってことで、写真のとおり防寒もこもこ重装備で臨んでます。あと写真には写らないけどインナー2枚重ねにしたり、靴底にカイロ入れたり。風が止んで昼間ほど寒くなかったのは幸いか。

写真5写真6写真7写真8

昼間はなんだかよくわからなかったFFP園内のオブジェたちですが、日が落ちてイルミネーションが点灯するとようやく存在意義が理解できるという。白い木(色とりどりに光る)とか、ひまわり(光る)とか、地面にめぐらされたビニールチューブ(これも光る)とか。めくるめく光のシンフォニー。なんだこれ!よく考えたらクリスマスのイルミイベントとかリア充御用達じゃないか!騙された!

写真9写真10写真11写真12

彼氏とリア充を満喫する瑞希さんを各自妄想してお楽しみください(´・ω・`) 実際の瑞希さんは来るお客さんを冷やかしてたのですが。夜だから昼以上にびっくりされる。夜道でいきなりこういうのに出会ったらびっくりするだろ?誰だってそうする。俺もそうする。

実際、夜景+人物写真は大変だと思う。イルミネーションの光量だけでは暗すぎる→シャッタースピードを遅くする→ブレ大量生産。シャッタースピードを稼ぐためにフラッシュを使う→人物の顔が白くのっぺり。

神戸FFP 2011冬

皆様新年あけましてイヤッホー!2012年に12年目を迎えるSKAをどうぞよろしくヒャッハー!新年といいつつも写真はクリスマスのなので微妙に締まらない。12月25日にフルーツ・フラワーパークで撮っていただいたサンタ瑞希さん。気温が低いうえに風がびゅうびゅう吹き荒れて、寒かったの、髪が乱れるの。生地の薄いサンタコスは防寒の役にはまるで立たないですなあ。あ、年末からこっちずっと瑞希さんばっかりなのは仕様です。なつきが好きなんだから致し方ない。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8

この日は園内、なんだかよくわからないオブジェが多数ありました。白い木とかサンタはともかく、ひまわりってなんなのか。真冬にひまわりとか意味不明である。足元にはよくわからないビニールチューブが多数引き回されてけつまずくし。

同日日没後には神戸ルミナ……じゃなくて、同じくFFPが会場の神戸イルミナージュにも瑞希さんが参加。むしろこちらがメインだったんですが。昼間はなんだかよくわからなかった園内のオブジェ群の意味が、暗くなってイルミネーションが点灯するとはじめて理解できる……!夜のイルミ+人物って撮影がすごく大変なんですが(シャッタースピード的な意味で)、がんばって撮っていただきました。その様子は次回の講釈で。

She is coming tonight #3

2011年最後の更新。サンタ瑞希 in 白馬の3回目です。ちょっと場所を変えてツリーの前で。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8写真9写真10写真11写真12

サンタといえば12月25日にFFPに行った時にも撮ってもらってるのですが、タイミングが合わないので年明けに回します。遅れてきたサンタェ…。それではみなさんよいお年を。

<撮影:HOSOnさん・PC-6001mkIIさん・SANさん・零式神さん・ダニーさん・彩弧由貴さん・東鉄さん(順不同)>

She is coming tonight #2

サンタ瑞希さん。前回のはぱんつ分が足りない!ってお叱りを受けたので、第二回はぱんつやや多めです。ワンピの丈が短いから、かがんだり座ると自動的にぱんつ見えるってだけの話なんですがね。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8写真9写真10写真11写真12

ぱんつはどういう状況であれぱんつには変わりないんですが、そこに至るまでの雰囲気作りって大事だと思うんですよ。具体的に言うと、チラリズムとか恥じらいとか無意識とか風のいたずらとか。あからさまなのは味気ないというか、見せてるのと見えてるのは違うのよっていうか。人はぱんつのみにて生くるにあらず。良質な材料も適切に調理されてこそ美味しくなれるっていうか。

<撮影:HOSOnさん・PC-6001mkIIさん・SANさん・零式神さん・ダニーさん・彩弧由貴さん・東鉄さん(順不同)>

She is coming tonight #1

クリスマスです!諸君クリスマスとは何の日だ?もちろんサンタコスの娘さんたちを愛でる日ですよ。それでこそ正しい帝国臣民。サンタコスったらサンタコス。というわけで先日白馬で撮っていただいた、サンタ瑞希の写真をご紹介。たくさんあるので全3回です。ハラショ!

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8写真9写真10写真11写真12

<撮影:HOSOnさん・PC-6001mkIIさん・SANさん・零式神さん・ダニーさん・彩弧由貴さん・東鉄さん(順不同)>

京都MM 2010冬

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8

3月末のまこ制服以来約9ヶ月ぶりの楓さんですよー。12/10、京都国際マンガミュージアム(京都MM)に行ってきてました。あいにくの雨でしたけど。京都MMは屋内もあるとはいえ、撮影映えする場所は軒並み撮影禁止だったりするんでコス的には楽しくない。

クリスマス前なので、サンタコスを着せてみました。クリスマス前に。いそいであわててリンリンリン。プレゼントはポッチーににたお菓子です。


そういやそのサンタコスに着替えて更衣場所から出てきたとき、スタッフの「着ぐるみは女装とは違うんです!」って声が聞こえてきた。視界外だったので状況がわからなかったけど、あとで聞いた話、女装レイヤーさんが出口で止められてたらしい。確かにCOSJOYの規定には全身着ぐるみ(条件あり)を除き、男性による女装は禁止させて頂きます。とある。

いわゆる「男性操演の女性タイプ着ぐるみ」が女装と見なされるかどうかというのはまさに主催側の胸三寸しだいで、女装禁止のイベントでも例外的に認める場合もあるし、一律認めない場合もある。ある同人即売会で規定に明記がなくて、事前に問い合わせたところOKだったものの、当日現地で急にNGを食らった例もあった。

ある行為を禁止するからには相応の理由があるはずなので(法律で禁じられている、住民から苦情があった、とか)、女装禁止のイベントにおいて特に例外規定を設けてまで着ぐるみを許可しているということは、女装参加によって起こる(と主催者が想定している)問題が、着ぐるみについてはいまのところない(だろうと主催者に判断されている)ということになる。

でも、その事実をもって、着ぐるみがイベントにおいて優遇されているとか考えるのは間違ってる。「女性の衣服を着た男性」という共通項をもって一律に禁止する理由が見あたらない、というだけのこと。

他人に迷惑をかけないのがマナーやルールの基本だろうと思うけれど、着ぐるみは視界とか不自由も多いし、知らずに迷惑をかけていることもありそう。自分を客観視できる能力、大切かも。