にゃんにゃん侍 Nyan Nyan Samurai Tamaki

151115-204312151115-204236151115-202856151115-203433151115-204631151115-204726151115-204925151115-205247151115-210250

ねこ手袋とねこ耳を追加装備のサムライ環。タマ姉はもともとネコを意識したキャラですが(「タマ」姉だし)、SKAのタマ姉はあんまりネコっぽさがないので、ネコ要素(物理)を足してみる実験です。……とりあえずケモノっぽさは増した気もします。

ネコっぽくないのは中の人が犬派だからね、しょうがないね。

サムライ環 ~リルガミンの遺産~ Samurai Tamaki #4: Legacy of Llylgamyn

写真

2014年10月下旬。サムライ環、はじめての野外撮影。たいていのコスプレイベントにはドレスコードの関係で出せないでしょうから、こういう個人撮影でくらいしかお外へ出す機会はない衣装なのです。あいにくの雨まじりの曇天でしたが、元ネタのゲーム(ダンジョントラベラーズ)のワンシーンっぽく撮っていただけて、幸せです。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

そういえば、そもそも「谷間の研究」、このサムライ環の谷間を実現するために始めたんでした。谷間完成まで2年、さらに屋外撮影にこぎつけるまで2年。長かったなあ。

<撮影:トルヲさん>

サムライ環 ~ダイヤモンドの騎士~

2012年最後のなつきです。今年の成果はやはり谷間の研究が一応の完成をみたところ、かもです。完成度的にはいまだ十分満足のいくものではありませんけれど。少女着ぐるみの表現方法のひとつとして、何がしかの方向性を示せたものと考えています。

今回はその研究の目的であり到達点であるところのサムライタマ姉(10月撮影。以前の撮影とはまた別機会)を掲載して、本年の締めとしたいと思います。例によってピンヒールなのでポーズがすごく制限されてます。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

何度も言ってますが、裁縫とか加工が上手な人はもっとうまくやってるし、もしくはやれると思うので、ぜひその方法をwebで紹介して、技術を共有化していただきたいです。この世界の発展のために。

技術といえば、FC2動画に上げた挿入可能ギミック(リンク先アダルト・音注意 NSFW)についても、ここで近々制作手順をご紹介する予定です。制作というほど大したものではない、子供だましのトリックに近いものですけど。実装できればプレイの幅が広がることうけあいですね。

それではみなさん、良いお年を。

※肌タイツの胸の谷間の作り方は、エントリ谷間の研究シリーズをご参照ください。 If you want to know how to make breast cleavage, please see the series of A study in Cleavage.

サムライ環 ~狂王の試練場~

7月中旬にサムライ環を撮影していただいていたのをまとめましたのでご紹介。前回セルフ撮りしたときから腰鎧の位置を少し下げてます。あんまり変わらないか。

写真写真写真写真写真写真写真写真

ふだんのなつき以上にポーズのバリエーションに乏しい写真になっておりますが、ブーツがハイヒールなので下半身がほとんど動けないんですよねー(本来はローヒール)。元ネタのゲームでは立ち絵(本当に立ってるだけ)が1枚表示されるだけなので、再現という意味ではただ立ってるだけでもいいんでしょうけど、足首固定でつま先立ちを強要されるハイヒールブーツは立ってるだけでもおいしいわ体力を奪われます。つらいです。

写真写真写真写真写真写真写真写真

谷間の研究FINAL

写真胸の谷間2012夏式はこのように作りました、というおはなし。見た目も運用性もいい感じにまとまってるので、これを最終バージョンとしたいと考えてます。「谷間の研究」シリーズとしてもこれが最後のエントリになる予感。

なお念のため、これはなつきが「こうしたらうまくいった」のであって、誰でも同じ結果が出ることを保証するものではありません。これを参考に制作される場合は、どうか自己責任で(肌タイツも高価ですからね)。あと当たり前ですが、肌タイツは自前で用意してください。

また、よく(おもに海外から)質問を受けますが、当サイトは制作・販売サイトではありません。肌タイツの販売はしておりませんし、製作依頼もお受けしておりません。あしからず。This page only shows you how to make kigurumi breast cleavage. I'm NOT kigurumi seller / maker. This handiwork is made only for me and I won’t be available for request to make and sell processed zentai like this for anyone.

基本的には初心(2010式)に帰って、ソフトブラを直接肌タイツに縫い付ける方式。しかしいくつかの改良をほどこしてあります。

  • ソフトブラをフェルトで作り直しました。
  • 肌タイツに縫い付ける位置を調整して、たるみやしわができにくいようにしました。
  • 谷間ラインの縫い目を身体側に引き寄せるため、裏側にプラ板を縫いつけました。

ソフトブラの作成

写真100均で買った「洗えるフェルト」からソフトブラを作成。引っ張るといくらか伸びる方向とほとんど伸びない方向(布目?)とがあったので、伸びない方向を上下方向にして作成。型紙は手持ちのソフトブラから取りましたが、通常のブラは襟ぐりが深いので、谷間の縫い代を確保するために襟ぐりだけ浅め(鎖骨のすぐ下)に修正。

写真ソフトブラの作成と並行して、谷間ラインと下乳ラインの目安にするための型紙を作成。下乳ラインは基本、外側方向に1cmだけ伸ばした半円というか楕円。谷間方向への下乳ラインはのちにサムライ環の下乳パーツのラインにあわせて、下方よりのゆるやかなカーブに修正(写真の下の型紙)。

ソフトブラを肌タイツに縫い付け

写真ソフトブラができあがったら、縫い位置を確かめるためにソフトブラと肌タイツを試着して、谷間の縫い目の上端(開始位置)を決めて、肌タイツに目印をつける。

写真つけた目印をめやすに、肌タイツに先ほど作っておいた型紙を当て、谷間中心ラインと下乳ラインを書き、そのラインにそって肌タイツとソフトブラを縫い合わせる。家庭用ミシンを使うときは、伸びる肌タイツを上、伸びないフェルトを下にするとうまく縫えるみたい。逆だと布送り機構が布地をかんじゃって悲惨なコトになったり(なりました)。

写真今回の制作では100均で「水で消せる水性チャコペン」を買って利用してみました。フェルトに書いたものは問題なく落ちましたが、肌タイツに書いたものは時間が経つと落ちにくくなりました(何度か洗濯して目立たなくはなりました)。

肌タイツに使うときは、書いてから1時間以内をめやすに作業を終えて、洗い落とすようにしてください。水性だから水であっさり落ちると思ったら大間違いよオ・ン・ナノコ。間違ってもふつうの水性ペンなんかを使うと絶対落ちないんだから(落ちませんでした)。良い子はぜったいまねしないでね!

プラ板の縫い付け

写真写真

ソフトブラを肌タイツに縫い付けたら、つぎはプラ板をソフトブラに縫い付ける。プラ板には低発泡塩ビ板の2mmを使用。1枚板にするよりは複数枚の細い板に分けたほうが柔軟性も確保できる。あんまり左右方向に長いと身体に沿って反ってしまうので、ほどほどの長さで。

この各プラ板の両端を偽乳が身体方向に押さえることで、谷間の縫い目もいっしょにも身体方向に引っ張られるわけですね。ええと……シーソーを両側から均等な力で下に押さえると、シーソーの中心(支点)にも下に働く力が生まれますよね。そんな理屈です。

スライムと偽乳の作成

写真中に詰めるべき偽乳は、いつものスライム入り氷のう。スライムの作り方は「ホウ砂の飽和溶液」と「PVA洗濯のりを水で2倍に薄めたもの」を10:8で混ぜて、よーくもみ合わせる。若干水を減らして固めに作ったほうがよいのかも。分量は必要なだけ……サムライ環でいえば片乳あたり1kgで調整したので、少なくとも2kgぶん(500mlペットボトル4本ぶん)。

写真こうしてできたスライムを、氷のうに詰める。写真のオンリーワン氷のうを使うときは、開封時はオレンジの側が表になってますが、裏返して白い方を表にしたほうがいーです。オレンジの側が表のままだと、時間が経つとべとべとになるわ色が移るわで大変なことになったり(なりました)。詰めた氷のうの口は輪ゴムで縛る。

装着

写真写真

着用時は、作成した偽乳を、肌タイツと、それに縫いつけたソフトブラの間に挿入する。縛った氷のうの口が身体側に来るように。写真では着用してませんが、偽乳を入れた肌タイツは重くて着づらいので、実際は肌タイツを胸まで着てからソフトブラを下からくぐって着けて、肌タイツの袖を手のひらまで通したところで片乳ずつ偽乳を滑りこませるのがいい。

胸の大きさの調整

写真写真

工程としてはこれでひとまず完成ですが、偽乳の大きさはどの程度が適切なのか頭を悩ませたりも。先述したとおりサムライ環は片乳1kgになるように調整。これでGカップ相当です(トップとアンダーの差が25cm)。800gで作ると、D~Eカップ(~20cm)に。なつきの身長(175cm)だとGくらいないと「うわっ、私の胸、大きすぎ…?」という印象にならないのですが、下半身とのバランスもあるし、合うサイズのブラや服がないとかいろいろ悩ましい問題も。自身の身長・体格と相談してほどほどのサイズで作ってください。

サムライ環 ~向坂環生誕祭2012~

7/7はタマ姉こと向坂環さんのお誕生日です!おめでとうございます!というかなんでこんな日に生まれたのかタマ姉は。7/7ったら七夕だしポニテの日だしでSKA的にやるべきネタが多すぎる。弊社の身体はひとつしかないのよ、にゃーお姉さん。

そんな環さんのたなぼたもとい七夕バースデイですが、かねてから再現したいと切望していたサムライ環、ようやくなんとか形になったのでこの日この機会にご紹介。ここまで、長、かっ、た……(PCエンジン版YsIIのダーム様風に)。そしてサムライ環がなんとかなったということは、同時に、この衣装の最大のポイントである胸の谷間も、人様にお見せできるレベルでクリアできたことを意味します……長、かっ、た……(ry

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

まだまだ細かい調整が必要な部分がたくさんあるんですが、ひとまず微調整の段階まで持って来られたことをうれしく思います。おめでとう弊社!おめでとうタマ姉!