紅葉で高揚 #1

働きすぎのなつきです。この1ヶ月だけで1年分は仕事した!あとの11ヶ月は遊んで暮らしたい。休暇のあいだも仕事のこと考えるとか絶対ワーカホリックです。会社のために働いてるわけではないので社畜ではないと信じたい。自分の能力を会社に売って、社会のために役立てているにすぎないのだ。休みの間も仕事が気になるのは、自分の仕事に対する責任感のあらわれなのよ。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

さて、さる2012年11月下旬に毎年恒例、秋の紅葉撮影会をやってまいりました。場所はいつもの竹谷山渓谷。お天気にはめぐまれましたが、今回はほぼ紅葉が散ってしまってました。桜ほどではないもののタイミングが難しい被写体です。

それから、例年は1~2人でひっそり撮ってるのですが、今回はSNSで事前に予告したら参加者が最終的に20人近く集まって。企画としてはそこまで大人数になることは想定してなかったし、主催のなつき自身すべてに目が行き届かないところもあって皆さんちゃんと楽しめたのかな?といまだに不安です。

めどいメイドさん

写真写真写真写真写真写真写真写真写真

メイドさんですよー貧ちちですよー完璧超人ですよー。メイド服のまほろさんはいかがですか?まほろさんとってもめどいですわー(大道寺知世)。メイド服姿そのものはもう珍しくもなんともないので、ちょっとずつたくしあげてギリギリ感を追求してみました。最終的にはそれでもぱんつに至るわけで、ふだんとそんなに変わらないわけですが。すべてのエロはぱんつに至れりつくせり。尽くしますあなたのために!ご奉仕しちゃうぞ♪

神戸FFP 2011秋

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8

10月9日、神戸北区・フルーツフラワーパークにて。10月上旬とは思えない陽気で汗だく汁だくですた。まほろさんが外に出てきたのは2010年のブルーメの丘以来ほぼ1年ぶり(屋内では2011年5月にまほ×まほ)。

ブルーメの丘同様「公園的テーマパーク」が会場ということで、TPOを考えてのチョイスでした。まほろさん、君に決めた!3連休のなか日で天気もよかったので家族連れが多い→着ぐるみさんはお子様に大人気。まほろさんも大人気。名札をつけてなかったのでプリキュアとかまいんちゃんとかエヴァンゲリオンとか適当なことを言われますが。……エヴァはガイナックスだから当たらずとも遠からずか。

(撮影:picpacさん)

タマ姉 スク水メイド

写真1写真2写真3写真4

とあるお方のご好意により、向坂環 スク水メイドver.を再現させていただきました。元ネタのフィギュアがあるのだからその通りにポーズとればよかったんですが、実は撮影時は元ネタ(のさらに元ネタのXRATED)のことを知らなかったというか、そもそもスク水+メイド服ってなんだよ!とか考えていた。布地が多いのか少ないのかどっちだよ!とか。そしてなつきは考えるのをやめた。

写真5写真6写真7写真8

エプロンの下に着ているのは旧スクです。見えにくいですけど。旧スクってよくあるイラストとかではぴっちぴちで下乳はおろかおへそやスージーさんまでくっきりだったりしますが、実物は厚手のごわごわしたほとんど伸びない素材なのでそういうボディライン的エロチシズムは微塵もないのですよね。あんなピチピチビーチなスク水あったら着てみたいよ。

谷間の研究発表

えと。やるべきコトがちっとも終わんなくてあせりを感じるなつきです。さて本日のメニューはコレ。そう。瑞希さんのおっぱい。先日なんとか形になった谷間の研究の実戦運用というかお披露目というか、実際に人に見せてみてどうカナ?カナ?みたいな何か。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8写真9写真10写真11写真12

お召し物は、谷間が見える衣装と言えばコレしかなかろうというFELONくんのアドバイスで、「これが私の御主人様」。以前同じ衣装を着たものの胸が余りまくりでごらんの有様だよ!だったまほろさんの弔い合戦でもあります。ああ、やっぱ胸があるっていいなあ。

あと、なぜかバナナがひと房あったので瑞希さんにご賞味いただきました。ねっとりと。バナナはおやつ。ごはんはおかず。バナナはすごいよ!なんでもあうよ!むしろバナナがおかずだよ!より正確に言えばバナナ(をおかずにしてる瑞希ち)がおかず。ごはん3杯はいける!そしてあと10年は戦える!

ブルーメの丘 #2

まほろさん@ブルーメの丘撮影会その2。午後は日差しも出てきて、ゆったりとした時間を過ごせました。

写真1写真2写真3写真4

とはいえ、撮影会において光量の変化はすなわち撮影条件の変化を意味するということで。午後の太陽の光って扱いづらいと思う。黄色いし、陰影強く出過ぎるし。撮影者の皆さんは苦労したのではないかと。

写真5写真6写真7写真8

写真というメディアで表現するかぎり、被写体って、撮影者の機知でいくらでも良く/悪く見えてしまう。あなたの腕次第で私は変わる〜。純粋に撮影技術ってだけではなくて、たとえばポートレートなら写真写りをよくするために、顔や身体や手足の向きを細かく指示したり、衣装や髪の乱れを直したり、その場にあるモノや小道具を利用したり。

写真9写真10写真11写真12

そういう機知の上に成り立っているので、真に誉められるべきは被写体ではなく撮影者ってコトをミサカは改めて認識します。その割にはSKAでは撮影者の名前は挙げてないですが。以前はご紹介してたんですが、数が増えるとスペース確保とか抜けてたりとか表示するしないだとかいろいろアレでアレな事態になったりもするので数年前にやめました。すみません。

ブルーメの丘 #1

先月10月6日、JACKET主催で行われました滋賀農業公園・ブルーメの丘での撮影会のようすですの。写真枚数多いので2回にわけてお送りしますの。ぱぎゅうぅー。……きのうは御影すばるの誕生日だったからさ。覚えてる人はどのくらいいるのだろうか。

写真1写真2写真3写真4

午前中はあまり天気が思わしくなく。ときどき雨もぱらつく空模様でした。前日の雨で水たまりがあったり、足下がぬかるんでたりして。

お天気はアレでしたが、休日ってコトもありお客さんはたくさん来てました。家族連れとかツアーの人とか。まほろさんをチョイスしたのは、そういった家族連れ受けを狙ってのこと。毎回、イベントごとにTPOを考えて出してるのですよ?

写真5写真6写真7写真8

我々は撮影会って名目で来てますが、それ以前に着ぐるみなのであり、家族連れ、特に小さなお友達をみかけたら最優先で愛想を振りまかねばならないのです。撮影中だろうがなんだろうが。最優先事項。

写真9写真10写真11写真12

遊園地に遊びに行って、ミッ○ーとか遊園地のマスコットにシカトされたらがっかりですよね。一般のお客さんからすれば、我々がアマチュア(=客)なのかプロ(=施設関係者)なのか判断はつかない。遊園地という場所にあっては、ラブリーチャーミーな着ぐるみは必然、マスコットとしての役割を(暗黙的に)求められる。

まあ、べつに義務感だけで動いてるわけじゃなくて、そうやって相手するのが楽しいんですけどね。手を振ったり、握手したり、記念写真をせがまれたり、見知らぬ老若男女と笑いあい、じゃれあえるのはたぶん着ぐるみだけだろうし。着ぐるみの特権。

後編に続きます。

態度で示そうよ

やあ。きょうは先日撮影いただいた弊社のまほろさんの写真を紹介するよ。メイド服のまほろさんってずいぶんひさびさな気がする。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8写真9写真10写真11写真12写真13写真14写真15写真16

最後の写真はテンプレ的にお使いください。知ってるがお前の態度が気に入らないとか。愛しているなら熊度でしめせ!男だったら熊度で示せ!

向●環抱き枕

写真1ども。先週あたまからきのうまで帝都近辺にいたなつきです。そいで例によってアキバうろついてたら、イオシスで「俺の嫁」だかのアオリ文句付きで環さんの抱き枕が売ってたのでつい所望してしまいました。裏側は柄無しの真っ白です。ぱんつも白ですが。

写真2レシート見たら品名が伏せ字になってましたが、環さんなのは間違いないよ。

痛ぱんつ車とまほろさん

まほろまてぃっくのまほろさん仕様の痛車「まほビア」オーナーのうぐぅなやつらさん(と、ご友人方)が関西方面に遊びにこられたので、無理を言って弊社宅に寄っていただいて、弊社のまほろさんと写真を撮っていただきました。ついでにちょっと乗車してみたりも。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8

まほビア、去年よりもパワーアップしてるのですよね。おもに痛い方向に。サイドで尻突き出すだけでは飽きたらずボンネットにぱんつ絵とかマジあり得ない(ほめ言葉)のでありえっちなのはいけないと思います!でも痛いのは許可します。