向坂環聖誕祭

今回、ちとえちいので注意だ。えときょう7月7日は向坂環さんの誕生日だそうです。イベント目白押しじゃないか!これが淡路かニースじゃないか。向坂さんを迎え入れると決めたときから覚悟はしてたけども、SKA的にずいぶんイベント密度の濃い日になってしましましま。隊長、身体が持ちません!

しかしとりあえず今年は老体に鞭打ってがんばるよ!鞭を振り振りちいぱっぱ。というわけで本日二回目の更新であり向坂さんを愛でる会。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8

しかし写真のできあがりを見るに正直まだまだ環さんは自分のモノになってない感じであり微妙に消沈する感覚。捨ててこい!俺の求めるタマ姉はまだ遠い。……どうにも違和感を感じるのですよね。単に「向坂環マスク」を扱いなれてないってコトもあるし、覗き位置とかの調整(カスタマイズ)が十分でないのもある。それから、まだまだ役(キャラクター)に入り切れてないのが。

アマチュア着ぐるみって、そのキャラクターを自分のモノにしてしまうのが目的でありひとつの理想かなあと思ってます。単に着ぐるみを所有するというだけでなく、キャラクターの性格とかを自分なりに解釈して、自分ナイズして演じることができる。キャラ愛をもって十分に自分ナイズされた着ぐるみは、不思議と有無を言わさぬ説得力がある。本物以上にリアリティがある。

弊社の環さんの場合、まだその入口にすら入ってない気がする。「タマ姉」っぽさを弊社の環さんはまだ持ち合わせていない。これをまだタマ姉と呼ぶわけにはいかんのです。

向●環抱き枕

写真1ども。先週あたまからきのうまで帝都近辺にいたなつきです。そいで例によってアキバうろついてたら、イオシスで「俺の嫁」だかのアオリ文句付きで環さんの抱き枕が売ってたのでつい所望してしまいました。裏側は柄無しの真っ白です。ぱんつも白ですが。

写真2レシート見たら品名が伏せ字になってましたが、環さんなのは間違いないよ。

タマ姉 ToHeart2夏服

やあ。すっかり暑くなりました。衣替えの季節ですね。先日KISSさんからToHeart2夏服が届いたので、さっそく向坂さんに着せてセルフ撮りしてみました。プロデューサーさん!半袖ですよ!半袖!

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8

例によっていろいろ角度とかを変えつつ幸せ探し。手と手のしわを合わせてしあわせー。アフターオール、うちの向坂さんは正面顔がいちばん可愛いような気がしました。向かって左向き率が高いのはフレーム確認用のモニタが左側にあるからですが、これはよくない。

タマ姉 ハンミラ制服

ヴァリアブル・ジオ、ハンナミラーズ制服の向坂さん。いわゆるアンミラクローン。元ネタのアンミラにはピンク色の制服があって、VGでも2P色として実装されてましたが、赤毛のタマ姉にはオレンジよりもそっちのほうが似合うかも。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8

胸の大きさに定評のあるタマ姉+胸が強調されるデザインの制服ってことで、ボリューム感を演出するべくふだんよりも偽乳マシマシに仕上げております。トップバストは100オーバー、カップサイズは確実にFを超えてるはずですが、思ったほど大きく見えない。アンダーとの差(≒胴体との大きさ比率)が小さいからかなあ。二次元の壁、厚いなあ。

懸案だった髪の流れ方に関しては、ツーテールをヘアピン留めする場所を検討してより自然な広がりになるよう調整してます。とりあえずはこれでfixとしておきたい考え。でも屋外イベントとか面倒やなあ。

タマ! タマ! タマ!

タマ姉をよりたまんなくするための苦労シリーズその2。肩より後方に流れているべきネコ耳ツーテールのテール部分、が、姿勢によっては前に垂れてきて困ったので、とりあえずヘアピンを10本ばかり導入してむりやり固定してみた。

しかしこれは固定位置がうしろ過ぎたかな?後ろ髪を毛先近くで縛っているのもあって、後ろ髪の広がりが消されてしまってちょっと残念な結果。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8

あと後半、なんか脈絡もなく身体にぴったりした衣服を身につけているような気がしますが、気のせいです。気のせいですったら。

この次の挑戦でようやくまあまともな感じになるのですが、それは次回の講釈で。ちなみに衣装は、以前水月も着ていたハンミラ。胸がいやでも強調されるアレです。タマ姉にはちょうどいい。俺たちゃ裸がユニフォーム。

タマ姉への道

4月のSKAカレンダーに31日があって苦笑したなつきです。SKA的には4月は1日がなくて31日がある異常月です。よしなに。

閑話休題、さざなみ壊変さんHOSOnさんタマ姉ご紹介ありがとうございました。たまんねえ。ようやく時間が取れたので向坂さんの写真をばゆるゆるご紹介していきたく。まず今回は試運転時の写真です。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8

着てみていろいろ問題が。まず制服のスカーフですかね、コスパ製なんですけど蝶結びがうまくできなくて。弊社は持ってませんがKISSさんとこのはあらかじめ成形してあるのを留めるタイプなのでラクチンですね。留めがマジックテープってのが肌タイツにとっては鬼門ですが、そこはスナップボタンに換装するとか。KISSさんにおねがいしてみやう。

写真9写真10写真11写真12

あと最大の課題がねこ耳ツーテール。設定では後ろに流れるツーテールですが、特に固定されていないので体勢によっては前に来てしまうことが。そうすると別キャラになってしまうのですね。月野うさぎのお団子頭を彷彿した。

どうにかなんないのかなーと考えたあげく、とりあえずヘアピンで留めてみることに。……次回につづく。

タマ姉大地に立つ

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8

首だけ状態から約2ヶ月、ようやくタマ姉こと向坂環さんの全身を「ちゃんと」公開です。こいつ……動くぞ!とりあえず武装はツーテールバルカンだけ。

あんまり時間がないので今回はコメント少なめ。次回更新では写真増量+調整の苦労とか語る予定です。

向坂さんが来た

写真1本日、SKAの娘さんたち、自称「SKAガールズ」に新しい仲間が加わりました。To Heart2のお色気担当・タマ姉こと向坂環(こうさか たまき)さん……っぽい感じの方です。着用してないのでまだ首だけですが。

写真2元ネタのタマ姉はこんな顔の人です。後頭部の三角の出っ張り(サムネイルだと切れて見えないけど)は原作To Heart2のキャラクターデザイナー曰く「ネコ耳っぽく見えるような髪型」を目指した結果できたものだそうですが。どうやってこの状態が保持されているのか不明です。三角形のひみつはねっ……教えてあげないよっ(ジャン!)。二次元ではよくあること。

写真3さてこの向坂さんは頭の出っ張りの部分が丸いです。後頭部寄りの、後ろ髪との境界がはっきりしないツーサイドアップという印象。より現実的な解釈といえましょう、でもネコ耳じゃないよな。敢えて言うならクマ耳?

ネコ耳あってのタマ姉だと思うので、今後可能な限りネコ耳っぽく改造していきたい方向。昔は改造する技術も知識もなかったのであるがままを受け入れていましたが、今の自分ならできるような気がする。自分を信じてー!おじいちゃん逃げてー!


写真4改造といえば、SKAガールズは例外なく視界を確保するための穴(覗き、スリット)をデフォルトの瞳部分に加えてまゆにも追加しています。通例覗きは瞳上方に設けられるのですが(黒くて目立たない)、なつきの場合それだとなつき自身の目の位置よりも低すぎて、足下ばかりで正面がまったく見えなくなるのです。この写真ではまゆにかすかにスリットがあるのがわかるかな?

高さ的にはまゆ位置でちょうどいいのですが難点もいくつか。最大でもまゆの太さまでしか縦幅を確保できないのと、アニメキャラって前髪でまゆが隠れることが多いので有効視界がさらに狭まって、それはもう大変なことに。視界が狭いだけじゃなくて、視差が認識できなくなって遠近感がなくなるのも考え物。

写真5裏から見るとこんなかんじ。覗きの部分には裏から目の粗い布地(オーガンジー)を貼り付けてある。通例目立たない黒を使いますが、まゆは赤色なので赤を使ったみたい。一瞬なるほどと思いましたが、かぶってみると視界が赤色に染まってどうにも気持ち悪かった。小学生の頃にやった赤色セロファンの実験を思い出したよ。これは黒に換装しちゃうかもわかりません。