アレスタのなつやすみ Aleste's summer vacation

150830-110636

8月の下旬、動画集の発送が落ち着いた頃に少しお休みをいただいて、アレスタとぶらり尾道へ行ってきました。特に目的とかは、なく。しいて言えば、疲れた体とココロを癒したかったのかな。あの頃は毎日毎日、DVDを焼き続けて(円盤を見るのも)嫌になっちゃったよ!ウワアアアン!とか言いながら尾道に逃げ込んだのサ。

150830-003438150830-005305150830-005816

温泉宿では浴衣アレスタがかわいくてよかったです。


150829-171500
ところで尾道のグルメといえば尾道ラーメンですが。最初に食べたのが東珍康の背脂たっぷりとんかつラーメンだったので、なつきさんは尾道ラーメンについて誤解をしているかもしれない。

150830-132700
とんかつラーメンでマイナス方向に振りきれた女子力?を回復すべく、茶房こもんのワッフルセットもいただいてきました。お店のたたずまいもめっちゃ可愛くて、見てるだけでも女子力回復。


150904-130400

その数日後、海撮影会の下見に行ってきました。下見の日はいい天気だったのに撮影予定日は天気が悪い予報だったので、この期を逃すと今年は晴れた日の海撮影はできないな……というもやもやな思い。気がついたら、セルフロケを敢行していました。

150904-144340150904-144701150904-145105

水着アレスタがかわいく撮れてよかったですが、これでよかったのかというと微妙なところ。屋外でひとり自撮りって、ぼっち感満点でどうにも心がぴょんぴょんしないのです。加えて、いい天気の下で一人だけ先に撮って、天気が悪いことがわかってる撮影会の参加者の抜け駆けをしてるわけですしね。

多謝御礼

はい、8月です。おかげさまで動画集、ご好評いただけている模様。いちばん気にしてたのは「当方以外の環境で再生できるか」ですけど、内容の感想をいただいたりもするのできっと再生できてるのでしょう。そうだと信じてる。たとい再生できなくとも、素敵なデザインのジャケットは本棚に置いておくだけでいい感じです(えへんぷい

どちらかといえば商品以外の部分で問題がいろいろあった気が。やり取りのための連絡メールが(いろいろな理由で)届かなかったり、メール便のお問い合わせ番号を間違ってお伝えしたり、(スマホからのご利用で)zipを解凍するというステップでつまづいたり。これまでの写真集であるていどノウハウは蓄積していたつもりなのですが、お申し込み数が予想外に多かったので分母が増えて、隠れていた問題が姿を表したというところ。今後の課題です。

写真写真写真写真

さて先月中旬には長野に避暑に行っていまして。すてきな写真をたくさん撮っていただき目下整理中。ゆるゆるとご紹介していけると思います。

やさしい夜の瞳 #2

写真1写真2写真3写真4

白馬の環さんその2。葉月まおさんとこの……でいいんだよな……十波由真さんと東ハト2あわせ。由真といえば自転車なわけで、この翌日には自転車で激走する彼女の勇姿を見ることができました。でも弊社は写真撮ってないんだよな。たぶんほかの参加者がどこかであげるだろう、そうだろう。

写真5写真6写真7写真8写真9写真10写真11写真12

浴衣など。環さんにはちょっと地味だったかも。あと照明の関係で瞳の覗きがとんでもなく透けてますけど。弊社は瞳からは覗いていないので中の人の目が透けて見えることはないにしても、地肌とか見えるわけで、着る側からするとあまり気持ちのいい話ではない。ふさぐわけにはいかないので(足下を見るのに使う)、紗幕を二重に貼るくらいしか自衛策はないかも。

おっと、隣のピンクの浴衣のコは凪灯梨(なひり)さんとこの千歌音(ちかね)さん。

最後の写真は、以前アキバで買ってきた向○環抱き枕で熟睡する人の図。抱き枕はその名の通り抱いて寝るためにあるわけですから。至極真っ当よね?ヒトとして。

湯けむり旅情

11月のはじめ、マイシスター高瀬瑞希さんと、栃木県は塩原温泉へ一泊旅行に行ってきました。何を隠そう弊社の人生初栃木!失礼を承知で申し上げれば栃木県ってどこにあるのか今までよくわかんなかった!←関西人の地理感覚なんてそんなもん。だからぼくはいつも埼玉県の地図を持ち歩いているのです。馬肉もわさび園で取れるんですかあ?

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8

閑話休題、お宿でくつろぐマイシスター。温泉宿といえば浴衣よね!定番よね!うん。猪名川でいこう!に温泉シナリオがあったですね、瑞希さん脱がされてピンクのしまぱんだったですね、とかいろいろ考えてたら瑞希さんいつの間にかホントに脱がされてました。きっと野球拳で負けたんだよ……そうに違いない。

あと温泉宿といえばもちろん温泉なわけですが。今回泊まった宿の温泉(露天風呂)は個室貸切方式?なので、やろうと思えば瑞希さんの入浴シーンも撮れたかも。今回は撮ってないけどね。いつかやりたいスね入浴シーン。入浴へ行きたいかーッ!ケロリン桶は怖くないかーッ!

2日目につづく。

東山荘 弐

浴衣水月さんの撮影会 in 名古屋市・東山荘、最終回。

写真1写真2写真3写真4

とにかく和の要素を盛り込め!ってことでいろいろやってみた今回の撮影会。見よう見まねでお茶を点ててみたり。ちなみに分量が間違っていたらしくすごく苦かったそうです。

写真5写真6写真7写真8

屋外の庭園にて。JACKETのCが抜けてるのはご愛敬ですね、まあジャケットと読めなくはないけど。ああ、ちなみに現地は――言わないとわかりませんが――蚊が半端ないです。撮影で静止してたら平気で3〜4匹止まってたりする。夏に行かれる方は虫除けスプレーなどでしっかり防御してから臨まれることをおすすめします。君が望む虫対策。

写真9写真10写真11写真12

最後は和傘と、夏の花ひまわりで締め。和傘を持ったのは初めてでしたがけっこう思いのほか重いよコレ。重いコンダラ。昔の人はこうして腕を鍛えていたのか。ひまわりの花はアレですね、明るくて元気な印象の花だから、水月よりも瑞希とかのが似合うかもでしたねー。ごめんなさい。こんな娘でごめんなさい。

というわけで撮影会はこれにて終了。このあとはスタジオHOSOnにて夜の撮影会(ぱんつ多め)があったんですがそれは先日ご紹介したとおりです。皆様お世話になりました&素敵な写真をありがとうございました。

さて次回からしばらくは…7月下旬の白馬・木崎での写真をご紹介の予定。ブルマだらけの大運動会で撮影係として奮闘した楓さんとか、7月生まれの方の誕生日を祝うまほろさんとかが登場。請うご期待!

東山荘 壱

さて、速瀬水月しっとり浴衣撮影の続きをば。清廉な気持ちで丈山苑をあとにした我々。次なる目的地は、名古屋市・東山荘です。

丈山苑と東山荘。どちらも庭園のある和風建築ですが、丈山苑を澄んだイメージとするならば、東山荘はアットホームな雰囲気。コスプレ撮影とかもふつうに受け付けてる場所だそうで、この日も我々のほかに何組かが撮影に来てました。

写真1写真2写真3写真4

ぶたの蚊取り線香をお供に、縁側でスイカ。なんかジブリ映画みたいな写真が撮れました。

写真5写真6写真7写真8

そして、夏といえば風鈴。どこへつけようか。

写真9写真10写真11写真12

風鈴の涼しげな音を聞きながら、廊下でたそがれる水月さん。丈山苑の立派な渡り廊下もいいけれど、これはこれで雰囲気あるなあ。……てなわけで、東山荘 弐 に続きます。

丈山苑 弐

安城市は丈山苑でのしっとり撮影会、後編。ハァーしっとりしっとり。蝉時雨降りしきる中、時間はゆったりと流れていきます。このゆっくり感は……なんだろう、休日に田舎の旧家の縁側でぼーっとしているような……贅沢な時間の過ごし方。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8写真9写真10写真11写真12

この撮影のあとは丈山苑の方が点てていただいた美味しいお茶とお茶菓子をいただいて、しっとりリラクゼーション。抹茶味の甘味はときどき食べるけど、抹茶そのものを飲む機会ってそうそうないので抹茶味のお茶だ!とか思ってしまった。抹茶だっつーの。丈山苑のみなさま、ありがとうございました。

次回は名古屋市の東風荘東山荘でのようすをお届け……する前に、当日夜の、スタジオHOSOnでの撮影写真をご紹介する予定。さあ諸君、ぱんつ分補充の準備はいいか?

丈山苑 壱

8月上旬。HOSOnさんよりお誘いを受けまして、katoranさん笹原さんと日本の夏を探求に行って参りました。場所は、安城市の丈山苑 / 名古屋市内の東山荘。京都の寺院を思わせる建築と日本庭園が美しいスポットです。

まずは、丈山苑へ。名古屋市内から車で南へおよそ90分。門をくぐり、それまでの都会の喧噪が嘘のように深く静まりかえった苑内へ。

写真1……あの浴衣美人は誰なんだ。いや弊社の水月さんなんですけど。そんなわけで浴衣水月さんをしっとりと写す会、開始でございます。

えっと本来ですと丈山苑ではコスプレ撮影会とかは受け付けてないらしいんですが、一般来場者の少ない平日の午前中のみって条件で特別に許可をいただいております。感謝。


写真2写真3

はしゃぐ恋は池の鯉。

写真4写真5

あずまやで ひとやすみ。

写真6写真7写真8

これ以降もそうですが、視線をカメラからはずした写真多めでお送りしております。浴衣女性はカメラ目線よりも、横顔とかうなじとかくるぶしとかが美しい。自己主張よりも、つつましやかさをよしとする日本ならではの美学。なのか?

写真9写真10

風景のひとつひとつが、絵になるのです。


写真11続いて、屋内(詩泉閣)へ。磨かれた廊下より庭園を眺む。次回「丈山苑 弐」に続きます。

豪雪長岡〜湯けむり旅情編〜

豪雪長岡~白銀の攻防編~の続き。今なお雪の降りしきる平原をあとにして、あまーいコーヒーなど飲みながらバスにて山あいの温泉宿・福引屋へ。なんかいろいろあって瑞希さんのままでチェックイン。あ、もちろん旅館の皆さんには了承済みですよ?

お部屋でのんびり→温泉でゆったり→豪華なお食事でにっこり、のフルコースを満喫した後は、せっかくの温泉宿なので浴衣に着替えてしっぽり。枕投げもしてみたりして。瑞希さんまだ投げ足りないと申すか。

写真01写真02写真03写真04写真05写真06写真07写真08写真09写真10写真11写真12写真13写真14写真15写真16写真17写真18写真19写真20