君が望む競演

3/26、大阪ATCでの写真。君のぞの鳴海孝之を主にやってらっしゃるレイヤーの閃紅さんと、弊社の速瀬水月とで君のぞあわせをやってきました。

写真1写真2写真3写真4

発端は、去年2010年の12月ごろ。Cureへの登録が縁で知り合った閃紅さんと「君のぞあわせやらない?」「いいねー」という話になって。日程調整のすえ、先日やっとあわせが実現しました。当日はご友人のAlicemagicさん、現地で合流したGoliさんの4名でそぞろ歩き。

写真5写真6写真7写真8

少女系着ぐるみ10年やってますが、着ぐるみではないレイヤーさんと「計画的に」作品あわせというのは初めて(イベント会場で偶然、というのは何度かある)。いろいろ新鮮な感覚でした。

写真9写真10写真11写真12

レイヤーって立ち居振る舞いだけでなくて「顔の演技」も求められるのだよねえ。殴られたら痛そうな顔をしないといけない。で、写真に撮られる限りはその表情を維持しないといけない。これは弊社は真似できないな……。

着ぐるみは基本的に中の人がどんな表情してても外からはわからないので、見た目表情が微笑んでても中の人は必死で歯を食いしばってるとかいうのはわりとある。無理なポーズ取らされた時とか。そんなに後ろ振り向けないよ!首回らないよ!とか。

写真13写真14写真15写真16

あと孝之ちゃんの身長が水月よりもちょっと高いのがなにげに嬉しかった。なつき自身の身長+面+ブーツのヒールで180超えるので、ふつうの人と並ぶとたいがいなつきのほうが高い。着ぐるみで並んでもたいがいなつきがいちばん高い。目の高さを合わせるために「心持ち後ろに下がって前かがみになる」とか涙ぐましい努力を毎回強いられてきた。

しかし相手のほうが背が高いならそんな努力など不要!体勢を大きく崩す蹴り技など不様!寄り添っても腕を絡めてもばっちり絵になります!主人公に悪ふざけで腕を絡める私はヒロインらしいだろう?

トレフェス神戸2

10月のイベント出撃目白押しの最後は10/30のトレジャーフェスタ神戸2。今はなきWHF(ワールドホビーフェスティバル)のニッチに滑り込んだ即売会ですね、っていうか会場同じだし。

同僚(正確には年の近い上司)がMidoるウェアさんのブースの手伝いをするというので、当初は着関係まったく抜きで、ひやかしに行く程度を考えていたのですが。コスプレ参加可能らしいというのが前日に公式サイトを見てて気がついた(会場図に「コスプレエリア」と書かれているだけ。参加要項とか明記はいっさいなし)ので、まだリアルで着ぐるみ見たことがない同僚に見せる、そのついでのつもりで環さんと水月を連れて行きました。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8

にしても、コス参加の概要をweb上で知る術が過去の参加者のブログだけってのはどうかと。入場券兼ガイドブックを買えばそれなりに要項書いてあるんですが、参加を決める前の(=ガイドブック買ってない)人にとってはコスプレ参加可能かどうかすらわからんというのは。ワンフェスですらいちおう書いてあるのに。トレフェス実行委員会さんよろしくお願いしますよー。開国シテクダサイヨォー。

あ、感想。フィギュアの即売会って場所柄、弊社の「タマ姉」は人気でした。まあ今だ新作フィギュア出るくらいだものね。ただやっぱりねこ耳サイドテールが落ち着かなくて乱れがち。こんどのWFまでには固めるとかなんとか検討してみたい。

水月?水月は現役コンテンツだしマイナーじゃないけど、こういう場でキャラ把握されることはあまり期待してませんヨ?

速瀬水月聖誕祭2010

写真1写真2写真3写真4

あした8/27は速瀬水月さんのお誕生日、というわけで今年も弊社の水月しゃんに弊社特製カレーをご賞味いただきました。今年はポークカレーです。豚肉は夏バテなどの疲労回復に効果のあるビタミンB1が豊富なのだそうで。暑い日はまだまだ続くみたいだけど、豚肉食べて夏バテ撃退!ってコトね。

君たちが望む永遠

今年6月、ゆっきーさんとこの速瀬水月さんが当家にいらっしゃったときのようす。3ヶ月前かよ!写真の公開がだいぶん遅くなってしまって恐縮です。

写真1写真2写真3
写真4写真5

弊社の水月さんが迎え撃つ格好で競演。写真の向かって左側が弊社の水月さん。

写真6写真7写真8写真9

翌日は涼宮遙・茜姉妹にもご参加いただき、君のぞメインヒロイン勢揃いに。すばらしい……右も左も……ぱらいそ……!

写真10写真11

最後は昔描いた水月絵に似た構図の一人プレイ水月さん。なんか水月にはこのお尻突き出しポーズが定番のような気がするのです。なぜか。もっとがっつりお尻突き出してぱんつ丸見えの水月さん写真もあるのですが、いろいろと公序良俗に反したりするのでSKAではご紹介を控えるのです。

視線の扱いかた考察

ただ単に目線を外しただけではカメラに目線を据えたものの延長線から離れていないんじゃないかな...というのが個人的見解であり目線を外したらばそのさきには必ず何か対象物を感じ取れるようであるべきに思ってたりします。

第七旋法 Another sideさんの視線に関するエントリを読んで、ひとくちに視線外しって言ってもいろいろバリエーションあるよなあ……とだらだら考えつつ以下にenumしてみました。

被写体を生物として撮る場合

着ぐるみはあくまで無機物でしかないのですが、これを意志を持った人間と見なす場合。視線=意識、視線の先=意識の中心。視線の持って行き方・とらえ方で、被写体の意識がどこを向いているか操作できる。

写真1写真2

まっすぐ見つめて訴えかける。視線を外して恥ずかしさを表現。

写真3写真4

「被写体が見られていることを意識していない」ことの表現。日常生活、意識を集中している、リラックスなど。

写真10

視線の先はケーキ。視線(瞳とケーキを結ぶ見えない線)が写真の中心に位置しているので、この写真の主題は視線であり、被写体がケーキを見ているという事実。

写真5写真6

余白をとり、視線を中心に持ってきて、視線の先にあるものを表現。

写真7写真8

登場人物と写真を見る者の視線のベクトルを近づける、同一にする。臨場感。

被写体を造形物として撮る場合

瑕疵を隠すために、あるいはより美しく見せるために正面以外の視点から撮る場合、着ぐるみの視線は常に正面なので、結果的に視線が外れた写真になる。表現技法としての視線外しの要素をあわせ持つ場合もあるものの、視線が主題ではないし、視線の先にはたいてい何もない。

撮影者が複数いる場合

主になって撮影している者以外の撮影者はその脇から撮ることになるので、撮った写真は視線が外れていることがほとんど。被写体の中の人の意識も向いていないので、特に室内・スタジオ撮りの場合は「撮影風景」のような客観的な写真になる。

被写体側の問題

中の人の意識は正面を向いているが、面が正面を向いていない。面ののぞき穴の位置と操演者の目の位置があっていないケース、前方がもっともよく見えるのぞき穴が正面にないケース、のぞき穴が非対称のケースなどが考えられる。非情にちぐはぐな印象を受けるので、できればさけたい。

写真9さてこの写真はこれまでのカテゴリのどこに分類されるでしょうか。正解は「被写体側の問題。腕を正面に伸ばしてアピールしているのに、顔が正面を向いていない」。

君達が望む永遠(予告編)

明日から1週間ほど札幌に行ってます。仕事で行くんで着ぐるみ分はいっさいなし。もう食べるくらいしか楽しみはなさそうでござるよとほほ。

写真1写真2写真3

さてすでに変人窟とかでご存じの方も多かろうと思いますが、ゆーきさんとこに速瀬水月さんが新しくお目見えされました。先日弊社の水月さんとご一緒できる機会をいただいたので、せっかくだから俺はこの赤の扉を涼宮遙・茜姉妹もお呼びしての撮影会と相成りました。メインヒロイン4人そろいぶみ。まさに君が望む光景!そして弊社も望む!貴社も望む!天知る地知る人ぞ知る!悪を倒せと輝き叫ぶ!ひゅーほほほほ!

写真はたくさんありますので今回は例によって予告編ということでご容赦ください。

姫路CP -2008GW編-

4/27の姫路セントラルパークでのイベント写真。本当は順番からいえば瑞希ちを連れて行きたかったのですが、現在制作元に帰省中のためやむなく水月を出すことに。衣装も悩んだあげくいつもの白陵冬であり前回と同じ組み合わせ。ひそかに立てていた「同じ場所で同じキャラ+同じ衣装は1度きり」の誓いを破ってしまいました。

そんな後ろめたさを感じつつ、うかうかしてたら午後3時。結局水月は15分くらい登場しておしまい。なんだかかわいそうな水月でしたがお客さんにはそれなりに好評だったみたいです。相変わらずプリキュアプリキュア言われてましたが。

写真1写真2写真3

楓 白陵柊高校冬制服

KiSS(楓さんに制服をしこたま着せよう)プロジェクトそのに。白陵柊冬制服。以前水月に木崎高校制服を着せたときからこの組み合わせは考えてたのですが、水月に木崎高校制服は地味すぎたのと同じく、楓さんに白陵柊制服は派手すぎる。やっぱり楓は地味子さんだ。

ただなかなか惜しい、もうひと突き詰めすれば可愛く化けそうなアングルはあったので、この組み合わせは近いうちにリベンジしたい考え。

写真1写真2写真3

黒水月-Lingerie Noir-

ホワイトデー緊急更新。ちとえちいのでNSFW、職場や学校での閲覧には十分ご注意くださいです。

さて、バレンタインにチョコinぱんつをプレゼントした水月さん。ホワイトデーのお返しにもらったのは……。黒のブラ&ぱんつ。ってまた紐ぱんなのか。でもまんざらでもないようす。

今回久しぶりにセルフ撮りしてみました。セルフでもそうでなくても、被写体がより素敵に見えるフレーミングとアングルを探すという撮影の基本は変わりません。違いがあるとすれば、誰も衣装や髪の乱れを直してくれないので、何枚か撮るたびにまめに身繕いを心がけることでしょうか。いい作品を作るためには少々の手間は惜しまないのです。

写真01写真02写真03写真04写真05写真06写真07写真08写真09写真10写真11写真12写真13

君が望む紐ぱん-Creme

紐ぱん水月のチョコ無し版。チョコがないとバレンタインネタなのかどうかすら微妙になりますがバレンタインデイはもう過ぎてるので没問題。きっと。

なお前回のサブタイトルがchocolat(仏:チョコ)だったので今回は対応する形でcreme(仏:クリーム)としてみました。チョコがメインでなくて白いのがメインだから。元ネタは明日のナージャの双子のライオンですが。

写真01写真02写真03写真04写真05写真06写真07写真08写真09写真10写真11写真12