瑞希 青ボーダービキニ Mizuki in cyan striped bikini

150720-033630150720-025727150720-030013150720-030342150720-030459150720-031332

これも白馬にて。水色のボーダービキニ。前回のエントリの黒ボーダーと同じタイミングで買った水着です。海撮影に瑞希ちを出す予定はもともとなかったので、予備というか、おまけです。大きめサイズですが胸のカップサイズが見た目ほど大きくないのか、下から見たらちちがはみ出ていますね……。納まりが悪いのは脂肪(本物)とスライム(偽乳)の流動性の違いからかもですが。

森の中の少女 Tomoyo in the woods

150719-144401150719-144615150719-144703150719-145149150719-150429OLYMPUS DIGITAL CAMERA150719-152038150719-152722150719-153727150719-154114150719-154545150719-155512

ともよさん。7月に白馬の公園で。雨が降ったりやんだりのあいにくの天気でした。今年はもうずっと「ロケ日は天気が悪い」パターン。大厄だし、しょうがないか。およげたいやくくん。

毎回たくさんの方が集まる白馬オフだけあって、いろんな方にたくさん撮っていただけて。そしてそうなると、引き出しが少なくて、ポーズが品切れワンパターンになる。申し訳ないです。15年着ぐるみやってきて、これか。撮影者のテクとセンスでなんとかフォローしていただいてる感じ。

セルフ撮りなら「失敗してもいいや」とちょっと冒険的なポーズ作ってみたりするのですけども。機会と時間の限られた他人撮り、ましてや外では失敗は許されない。なので、うまくいくとわかってるポーズしかとらない、保守化せざるを得ない。というのもあり。

けれど、そもそも、キャラをよくわかってる(没入してる、一体化してる)と、立居振舞などは考える間もなく自然に出てくるものなのです。このコなら、こういうときこうする、だからこう動く、というルーチンができている。ともよさんは、なつきにとっては、難しい。どうずれば「それっぽい」か、わからない。まだまだ面を使いこなしていない。活かせていない。とか考える日々です。

坂上智代生誕祭2015 Tomoyo's Birthday 2015

150720-114354150720-114749150720-115110150720-115346150720-115723150720-120400

10月14日は坂上智代さんのバースデイ。今年の7月に白馬で撮っていただいた写真をご紹介して、お祝いとしたいと思います。……はい、速瀬水月生誕祭の時と同じ水着ですね。時間軸的にはこっちが先ですけれど。

そもそもは、今年の9月にともよさんを連れて海撮影をするつもりで、この水着はそのために買ったもの。7月の白馬で試着がてらかる~く着て(この写真)、その結果をみながら着こなしを調整して、8月に水月に着せて確認して、いざ海へ……という流れでしたが、残念ながら海撮影の当日は天候が思わしくなく。結局この水着は使わずじまい。

結局、今年の「とも誕」、渚のハイカラ写真でイヤッハー!する予定が、最初の試着の写真を使うはめになってしまいました。なんたるちあ。お天気だけは神頼みとはいえ、うまくいかないものです。

お天気はよろしくなかったですが海撮影そのものはやったので、近々ご紹介はしようと思います。

星奈は露出が半端ない

TwitterGoogle+ではすでにちらちら言及していましたが、SKAに「僕は友達が少ない」より柏崎星奈(かしわざき せな)が参戦です。作中では「肉」と渾名される脂肪感あふれる巨乳担当ヒロインなので、谷間の研究成果の適用対象としてはうってつけの人材。さっそく嬉々として生贄に捧げ実装してみました。おっぱいはひかえめに片乳900g相当ぐらい。

視界の確保とか髪のとりまわしとか、技術的な話は次回のエントリでお話できれば。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

みずぎみずき2013

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

7月の白馬での一コマ。例によっておっぱいいっぱいぼく元気な水着の瑞希さんです。おっぱいっていいものですね。リリンの生んだ文化の極みだ。

余談ですが、近々この胸の谷間の作り方をまとめ直す予定です。前回まとめた以降に得たノウハウも吸収しつつ。英語でも書けよ!とさんざん言われている(4chanの/jp/とかで)ので英文も併記します。

避暑なアレスタさん2013

非常に暑うございますな。アツクテシヌゼなどと申しますが、夏の蒸し暑さで夏バテやら具合が悪くなることはあっても死に至ることはない、というのが我々昭和生まれの常識でした。が、気温にかかわらず湿度が高くなると汗が蒸発しにくく、気化熱による体温調整ができなくなるので非常に危険だそうです。いわゆる熱中症ですな。逆に言うと、気温がいくら上がろうとも(40度越えようとも)体温調整ができる限りは致命的ではない、ということです。もちろん発汗で体力はどんどん奪われますけど。どっちかというと「暑さで死ぬことはない」という誤った固定観念自体が致命的といえます。室内では換気や冷房で湿度を下げるとともに、意識的に水分は摂りましょう。アツクテシヌゼ?

さて、先月中旬に長野へ避暑に行った時の写真が整理できたのでご紹介。高原で休日を満喫するアレスタさん。写真数いきなり多めでごめんなさい。毎年思うけど高地はぜんぜん涼しいよ。下界が30度超えでうんうん言ってる時に、28度とか。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

多謝御礼

はい、8月です。おかげさまで動画集、ご好評いただけている模様。いちばん気にしてたのは「当方以外の環境で再生できるか」ですけど、内容の感想をいただいたりもするのできっと再生できてるのでしょう。そうだと信じてる。たとい再生できなくとも、素敵なデザインのジャケットは本棚に置いておくだけでいい感じです(えへんぷい

どちらかといえば商品以外の部分で問題がいろいろあった気が。やり取りのための連絡メールが(いろいろな理由で)届かなかったり、メール便のお問い合わせ番号を間違ってお伝えしたり、(スマホからのご利用で)zipを解凍するというステップでつまづいたり。これまでの写真集であるていどノウハウは蓄積していたつもりなのですが、お申し込み数が予想外に多かったので分母が増えて、隠れていた問題が姿を表したというところ。今後の課題です。

写真写真写真写真

さて先月中旬には長野に避暑に行っていまして。すてきな写真をたくさん撮っていただき目下整理中。ゆるゆるとご紹介していけると思います。

谷間の試運転

7月中旬、白馬某所での写真。翌月の海にそなえて谷間の調整・試運転といった感じだったと記憶してます。スライムの重さは850g。サムライ環用の1000g(装着時F~Gカップ相当)を使うとたいていの服やブラには大きすぎて収まんないのでダウンサイズしたものを使ったのでした。

写真写真写真写真
写真写真写真写真

ところで下段4枚のアレスタさん。旧シリーズからご覧の皆様は違和感を感じられるかたもいらっしゃるかと。アレスタさんは貧ちちのはずですよねそうですよね。アレスタさんいわく「ふだんはリソースを胸に振り向けていないだけで、胸のサイズはどうとでも変化できる」とのこと。ほう、そんな後付け設定能力が。ちなみにこの大きさを維持できるのはリソースの都合上保って3分だそうで、時間が過ぎると「ポン☆」ってぬいぐるみに戻っちゃうそうな。

サムライ環 ~狂王の試練場~

7月中旬にサムライ環を撮影していただいていたのをまとめましたのでご紹介。前回セルフ撮りしたときから腰鎧の位置を少し下げてます。あんまり変わらないか。

写真写真写真写真写真写真写真写真

ふだんのなつき以上にポーズのバリエーションに乏しい写真になっておりますが、ブーツがハイヒールなので下半身がほとんど動けないんですよねー(本来はローヒール)。元ネタのゲームでは立ち絵(本当に立ってるだけ)が1枚表示されるだけなので、再現という意味ではただ立ってるだけでもいいんでしょうけど、足首固定でつま先立ちを強要されるハイヒールブーツは立ってるだけでもおいしいわ体力を奪われます。つらいです。

写真写真写真写真写真写真写真写真

避暑なアレスタさん

もう8月下旬なんです?いや、我々の夏はこれからだ!とりあえず7月中旬の長野写真のつづきを。今回はアレスタさんが森の公園ですずやかにー。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

ところでSKAではアレスタさんをちゃんとご紹介したことがなかったっけ。あったっけ。アレスタさんは一見犬に似たぬいぐるみだけどそれは世を忍ぶ仮の姿、じつは人間界を監視するために天界から派遣された天使なのです。天使としての姿がこれ↑。詳細はこのエントリにて。