冬の公園 one winter day in the park

2ヶ月ぶりの更新、そして2017年最初の更新です。今年は去年よりもさらに省エネ低空飛行でゆるゆる参りたいと考えています。このサイト自体の役目といいますか、(閲覧者にとっての)必要性も往時に比べればだいぶ薄れてきつつありますし、着ぐるみ活動報告blogとしてはこのあたりでそろそろ円満終了かなあ?とも。写真貼るだけならtwitterでいいのですし。

動画集のほうはおかげさまで前作(第2集)発売から1年半経った今でもちょこちょこ売れてまして、次回作を早く出せとのお言葉もたくさんいただいているので今年あたりなんとかしたいのですが、肝心の着ぐるみ活動が低調なので動画の数も質もあんまり揃ってないという。まあともかく、今年中には、なんとかカタチにしたいです。

さて先日は半年ぶりのお外撮影を。冬の公園ということでこみパ瑞希エンドを意識したコーディネートにしてみました。つまりキスのあとそのまま無茶苦茶アオカンする流れですね!(身も蓋もない)実際のところ冬はお外でセクロスするにはちと寒い黒タイツは防寒具としてもすばらしいという事実を再確認した次第です。ミニスカにもよく合う強い味方。あったかいんだから~。

コーデは2011年のFFPとほぼ同じじゃないかという指摘はしてはいけません。いけないんだったら。……6年前の服かあ。物持ちいいなあ(ぽつり)。

サムライ環 ~リルガミンの遺産~ Samurai Tamaki #4: Legacy of Llylgamyn

写真

2014年10月下旬。サムライ環、はじめての野外撮影。たいていのコスプレイベントにはドレスコードの関係で出せないでしょうから、こういう個人撮影でくらいしかお外へ出す機会はない衣装なのです。あいにくの雨まじりの曇天でしたが、元ネタのゲーム(ダンジョントラベラーズ)のワンシーンっぽく撮っていただけて、幸せです。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

そういえば、そもそも「谷間の研究」、このサムライ環の谷間を実現するために始めたんでした。谷間完成まで2年、さらに屋外撮影にこぎつけるまで2年。長かったなあ。

<撮影:トルヲさん>

星奈は露出が半端ない

TwitterGoogle+ではすでにちらちら言及していましたが、SKAに「僕は友達が少ない」より柏崎星奈(かしわざき せな)が参戦です。作中では「肉」と渾名される脂肪感あふれる巨乳担当ヒロインなので、谷間の研究成果の適用対象としてはうってつけの人材。さっそく嬉々として生贄に捧げ実装してみました。おっぱいはひかえめに片乳900g相当ぐらい。

視界の確保とか髪のとりまわしとか、技術的な話は次回のエントリでお話できれば。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

旧二葉小(2012年10月)

先月末からアニメ鑑賞を7年ぶりに再開したなつきです。おもにCSを(eo光経由で)観てますが、今どきは便利になりましたね。STBのジャンル検索で「国内アニメ」とやったら、1週間先までのアニメ番組をBS・地デジ含めて全チャンネル横断的に検索して一覧表示してくれる。デジタル配信の恩恵が十分に生かされてるといえます。

昔は新聞のテレビ欄やテレビ誌を毎日必死で調べていたものです。しかも日時指定予約だから、前番組の延長とか予定変更とか日付間違えるとかで録り損なうのは日常茶飯事。もちろんCCさくらの最終回は武蔵丸のおかげで見れなかったクチ。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

さて、今回は10月13日に旧二葉小へ遊びに行ってきたときのようす。旧二葉小といえば校舎を生かしたロケーションが魅力のスポットですが、それを生かせるネタはこれといって無かったので、ふだん着のアレスタです。まあこれはこれで小学生みたいで、悪くはない。

ちいさいあき そのに

初秋の神戸青少年公園にて、その2。おともだちと仲睦まじやかひそやかそわか。それぞれ持ち寄った自慢の小動物たち(カエル、パンダさん、わんころ)も交えて、いそがしたのしのトキオ村ー。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

撮影会後は、みんなでバーベキュー。最初は撮影会だけのプランだったのだけど、ついでにひさしぶりにバーベキューとかやりたいね(神戸青少年公園にはデイキャンプ場が併設されてる)とかいう話になって、そしたら主催たるなつきにとっては撮影会よりもそっちの準備がメインになってた。いや、ちゃんと↑被写体としての準備もしていたのだけどね。

写真写真写真写真

多人数になると材料どのくらい用意すればいいのか、いつもわかんなくなる。結論としては大人11名で一人あたりお肉450g(+やきそば3人前)、でぴったりだった。自分基準(300gも食べられない)で計算するとなぜか分量少なすぎて失敗するんだ、これが。参加者はほとんどなつきより年下だけど、そんなたくさん食べるコばっかりじゃないだろーに、なんでだろ?

ひとまずみなさん満足していただけたようで、なにより。

ちいさいあき そのいち

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

9月中旬に、神戸青少年公園へ遊びに行ってました。写真枚数多めなので2回にわけてお届け。瑞希さん+夏服+神戸青少年公園の組み合わせは2009年5月以来ですねー。高地とはいえまだ9月、さすがに紅葉はまだまだといったところ。キノコはいっぱい生えてましたけど。瑞希ちのへそ出しとぱんつをお楽しみください。

神戸FFP 2012秋

写真写真写真写真写真写真写真写真写真

10/14はマイワイフ坂上智代さんの誕生日です!ああん!僭越ながら不肖私めが生誕を祝わせていただきたく、9月下旬に神戸フルーツフラワーパークで撮影した智代さん写真をご紹介。しかし弊社には智代さんはまだ荷が勝ちすぎる、というのが、屋外で演じてみての正直な感想。キャラ愛と技量は比例しないのですよよよ。

旧二葉小(2012年7月)

8月さんがログインしました。仕事は変わらず多忙なのですがオフは懸案(谷間の研究)が片付いて若干余裕ができたので、そろそろ新しい写真集(2008)の編集にとりかかろうかなあと。

さて来たる8月27日は速瀬水月さんの誕生日、それから今年の8月は君が望む永遠11週年でもあります(←中途半端やなあ)。そんな強引なドリブル前フリをしつつ、先日7月21日に二葉小へ行った時の水月さんの写真をご紹介。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

去年導入したコスパ製白陵柊夏服。あごを引いて胸を張るとへそ出し写真連発です。最近のコスパはブラウスの丈が短い傾向があるみたいですが、去年はこんなコトはなかった。それはつまりスカートのウェストが引っかかる場所がなくなった=やせたってコトじゃないか。確かに実測で2kgは減ってるので(どこのお肉が落ちたのか知りませんが)悪い傾向だ。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

ところで夏の二葉小、屋内は異常に冷房が効いてて快適でした。が、電力消費には厳しいこのご時世、温度設定間違ってるんじゃないかとかえって不安になりました。熱がこもりやすい口閉じの面で涼しく感じる温度って、よっぽどよ?22~23度くらいか。

話は脱線しますが、口が開いている(意匠としてだけではなく、物理的に穴が貫通している。SKAの開き口の面はすべて実際に貫通しています)と、熱と湿度をもった呼気がすみやかに排出され、涼しく感じられます。また首筋がロングヘアなどで隠れていなければ、頸動脈が冷やされ、体温冷却に役立ちます。つまりショートヘアやポニーテールで開き口は比較的涼しくて、逆にロングヘアで閉じ口はいちばん暑いわけです。SKAガールズで暑さを不等式にするとこんな感じ。

向坂環>>>水澄楓>速瀬水月>成瀬川なる>安藤まほろ>高瀬瑞希>北小路七菜

タマ姉(暑さが)たまんねえ。

(撮影:picpacさん、こはくさん)

神戸イルミナージュ

写真1写真2写真3写真4

2011年12月25日、神戸FFPの夜の部。会場が同じFFPってだけで、神戸イルミナージュっていう別のイベントなんですが、この日だけコスプレ参加OKってことだったので。寒い冬の夜ってことで、写真のとおり防寒もこもこ重装備で臨んでます。あと写真には写らないけどインナー2枚重ねにしたり、靴底にカイロ入れたり。風が止んで昼間ほど寒くなかったのは幸いか。

写真5写真6写真7写真8

昼間はなんだかよくわからなかったFFP園内のオブジェたちですが、日が落ちてイルミネーションが点灯するとようやく存在意義が理解できるという。白い木(色とりどりに光る)とか、ひまわり(光る)とか、地面にめぐらされたビニールチューブ(これも光る)とか。めくるめく光のシンフォニー。なんだこれ!よく考えたらクリスマスのイルミイベントとかリア充御用達じゃないか!騙された!

写真9写真10写真11写真12

彼氏とリア充を満喫する瑞希さんを各自妄想してお楽しみください(´・ω・`) 実際の瑞希さんは来るお客さんを冷やかしてたのですが。夜だから昼以上にびっくりされる。夜道でいきなりこういうのに出会ったらびっくりするだろ?誰だってそうする。俺もそうする。

実際、夜景+人物写真は大変だと思う。イルミネーションの光量だけでは暗すぎる→シャッタースピードを遅くする→ブレ大量生産。シャッタースピードを稼ぐためにフラッシュを使う→人物の顔が白くのっぺり。

神戸FFP 2011冬

皆様新年あけましてイヤッホー!2012年に12年目を迎えるSKAをどうぞよろしくヒャッハー!新年といいつつも写真はクリスマスのなので微妙に締まらない。12月25日にフルーツ・フラワーパークで撮っていただいたサンタ瑞希さん。気温が低いうえに風がびゅうびゅう吹き荒れて、寒かったの、髪が乱れるの。生地の薄いサンタコスは防寒の役にはまるで立たないですなあ。あ、年末からこっちずっと瑞希さんばっかりなのは仕様です。なつきが好きなんだから致し方ない。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8

この日は園内、なんだかよくわからないオブジェが多数ありました。白い木とかサンタはともかく、ひまわりってなんなのか。真冬にひまわりとか意味不明である。足元にはよくわからないビニールチューブが多数引き回されてけつまずくし。

同日日没後には神戸ルミナ……じゃなくて、同じくFFPが会場の神戸イルミナージュにも瑞希さんが参加。むしろこちらがメインだったんですが。昼間はなんだかよくわからなかった園内のオブジェ群の意味が、暗くなってイルミネーションが点灯するとはじめて理解できる……!夜のイルミ+人物って撮影がすごく大変なんですが(シャッタースピード的な意味で)、がんばって撮っていただきました。その様子は次回の講釈で。