秋のなるちゃん Autumn Naru

151115-133332151115-133549151115-134310151115-134437151115-134911151115-135300151115-135525151115-135951151115-140239

2015年11月中旬。秋を求めて、いつもの竹谷山渓谷へ。この年は紅葉の進み具合がかなり早かったようで、モミジもイチョウもほぼ散っちゃってました。

今回の被写体はなるちゃん。2013年の秋がちょっと寒そうな格好だったので、より冬っぽいいでたちにしてみました。セーターが無地ではなくて編み模様が入ってるやつだったら、もっとよかったかな。

紅葉見に行こうよう!

真冬ですが秋の写真です。去年の11月下旬に、いつもの竹谷山渓谷で紅葉狩りを楽しんできました。今回のヒロインは赤が似合う成瀬川嬢。時期的には秋というかもう冬の入口なので、この格好ではちと寒かったです。

この撮影会の直前に、そろそろ他の場所も開拓しようか、といろいろ周囲の紅葉スポットを下見に回っていたのですが、車で乗り付けられて撮影スポットまでのアクセスが着ぐるみ向けで、となると結局ここ(竹谷山渓谷)しか見当たらなかったり。中国道山崎IC近くの最上山(さいじょうやま)公園は駐車場も広くて紅葉が絶品なのですが、紅葉スポットまでの道のりが急斜面ででこぼこの土道なので着ぐるみ向けではないのです。もうしばらくはこの場所にお世話になるかも。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

紅葉で高揚 #2

写真写真写真写真写真写真写真写真

秋の紅葉撮影会のつづき。アレスタさんもちょっとだけ降臨していましたのだ。みんなしてくっつき合ってるのは、まあ、寒かったからね……。前回のエントリにも書きましたが参加総数20人弱、着ぐるみ総数はのべ17体でした。そこらのコスイベより多いやん。

さて、残念なお知らせ。去年の写真を見てもらうとわかるのですが、去年はここに立派なジャングルジム(?)兼すべり台があったのです。それが今年来てみたらいつのまにか撤去されていて。山奥で需要がないからなのか、維持費の問題か、なにか事故があったからなのか。

紅葉がたくさんあればまだいいんですけど、今回みたく見ごろの時期を外してしまったりするとなんにもないただの山奥なので、遊具でもないと撮るネタに困ってしまうのです。これはちょっと別の場所も検討しないといけないのかも。

紅葉で高揚 #1

働きすぎのなつきです。この1ヶ月だけで1年分は仕事した!あとの11ヶ月は遊んで暮らしたい。休暇のあいだも仕事のこと考えるとか絶対ワーカホリックです。会社のために働いてるわけではないので社畜ではないと信じたい。自分の能力を会社に売って、社会のために役立てているにすぎないのだ。休みの間も仕事が気になるのは、自分の仕事に対する責任感のあらわれなのよ。

写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真写真

さて、さる2012年11月下旬に毎年恒例、秋の紅葉撮影会をやってまいりました。場所はいつもの竹谷山渓谷。お天気にはめぐまれましたが、今回はほぼ紅葉が散ってしまってました。桜ほどではないもののタイミングが難しい被写体です。

それから、例年は1~2人でひっそり撮ってるのですが、今回はSNSで事前に予告したら参加者が最終的に20人近く集まって。企画としてはそこまで大人数になることは想定してなかったし、主催のなつき自身すべてに目が行き届かないところもあって皆さんちゃんと楽しめたのかな?といまだに不安です。

秋の紅葉と楓さん

11月21日、楓さん@兵庫・竹谷山渓谷。いちおう紅葉の名所に数えられるところですが、このときは紅葉はまだ十分進んでなかったのが残念なところ。もう1週あとだったら、あるいは見頃だったかも。

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8写真9写真10写真11写真12

撮られるときは、この少し前にGoogle+で教えてもらったポージング講座を思い出しながら。S字で立つとか、N字で座るとか。写真だとあんまりわからないかもですが。詳細はリンク先参照なのですが、つまりいかに写真でウソを付くかであり、ちゃんと計算されてる。角度とか。

撮影:チェルシーくん

あかね色に染まる山

写真1うわははは(挨拶)。写真集DVD2009年版、鋭意製作中です。今回はDVD3枚組。写真の選定は済んでて、ケースの表紙デザインを思案中(デザインは仮のものであり予告なく変更されることがあります)。あとメディアだけだと寂しいので、今回はブックレットをつけてみようと。ないと寂しいってだけで実用性は「?」ですが。それと、DVDの中に写真の扱いとかに関するドキュメント(いわゆるreadme.txt)を入れて。こっちは大事。

写真2頒布価格は前回よりも下げる予定です。過去の写真詰めただけのDVDの原価なんてタダみたいなものだと思われるかもですが、単純に材料費+印刷コスト(あわせて300円?)に加え、送料(ひとつ160円?)、DL販売委託手数料(ひとつ150円)、導入した耐久消費財(DVDドライブ、プリンタ、Photoshop)、制作にかけた時間、体力、光熱費……案外見た目以上にコストかかってます。労働力をコストに入れたら絶対ペイしない。同人活動と考えるならペイとか考えたらダメなんでしょうけど。同人も個人サークルのほとんどは赤字と聞くし。

そもそも「過去の写真を詰める」、じつは結構手間のかかる作業なのですよね。全部が全部公開可能なものではないから(プライバシーやらクオリティやら個人情報やらで)人の目で見てチェックが必要になる。そこまでする意味があるのかとか考えて着ぐるみ界隈ではたぶん誰もやらないんでしょう、かしら。

一方、おねーちゃんのコス写真DVDなんかは巷に掃いて捨てるほどあるのは、たぶんアレはボロイ商売なんでしょうなあ。作れば売れるみたいな。少女着ぐるみと違って顧客数がダンチですし。撮影やらのコストは一定だから、たくさん売れるなら大量生産で単価下げられるし、十分ペイできるわけですよ。ぐぬぬ。ぐぬぬ。

写真3写真4写真5写真6

ああ、閑話休題。お金の話になると世知辛くていけない。さてきのうはちょいと秋の深山へ撮影会に行ってましたの。久しぶりに撮る側で。被写体は「あかね」ちゃん。かあいい娘とふたりきりでおじさん大ハッスルみたいな。良い写真を撮るためなら私は地にも這いつくばる!(ローアングル的な意味で)

写真7写真8

いや、楓さんもいたので厳密にはふたりきりではないのかもだけれど。次回更新は楓さん写真を中心にご紹介の予定。

ラブひなAutumn

先々週の週末、成瀬川と小さい秋を探しに行ってきました。諸般の事情により成瀬川の服が若干地味子さんですがあまり気にしないで。この日のために成瀬川にカワイイ服を買ってあげたのだけど胸がきつくて結局着れなかったとかそういう事情じゃ決してないからな!押すなよ!絶対押すなよ!

写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8写真9写真10写真11写真12

このとき訪れた山は紅葉(こうよう)の名所ってわけではないので赤く色づいた木はじつは数えるほどしかないのです。写真ではなんだか一面秋の彩りみたいに見えもするけども。写真はすぐにウソをつくから怖いね。

ラブひなAutumn(予告編)

写真1写真2写真3

秋も深まる11月。先週末は紅葉(こうよう)を求めて、成瀬川嬢と近くの山を散策してました。ちょい時間がないので今回はパイロット版にてお茶にごす。本編ではもうちょっと多めに写真を公開予定。最近こんなのばっかりですねそうですね。